「暦の上では夏」到来〜二十四節気・立夏(りっか)

二十四節気・立夏(りっか)

5月5日から5月20日頃の
二十四節気は、立夏です。

ここから暦上では夏になります。

感覚的には梅雨が明けるまでは、
春って感じですけどね。
時期的には初夏になります。

この時期からちょうど田植えが始まります。
遅霜をやり過ごし、
それまで大切に育ててきた苗を、
水をひいた田んぼに植えるのです。
田植えは今でこそ苗の成長が早くなり、
この時期から始められるように
なりましたが、
昔は梅雨入りと同じくらいの時期に
行っていました。
田植え機などなく、腰を曲げて
苗を一つ一つ植えていた時代の話です。

農夫達は一息つきながらこの立夏を
彩り咲く花たちを想います。

藤、芍薬、ヤマボウシなど。

そして水辺に生えるショウブ。
(菖蒲の花とは別物)。

このショウブが、五節句・端午の節句
繋がっていく
のです。

立夏の間の3つの七十二候

次の二十四節気は、小満(しょうまん)です。