「漂う孤舟」について

「孤舟」とは?|人は独りで立つもの。

孤舟とは、
暗い海を行く「ひとり乗りの舟」です。

私は、人は根本的に独りだと思っています。

ここでいう独りとは、
ひとりぼっちで寂しいとか、
仲間がいないとか、
逆に友達なんかいらないだとか、
そういう概念ではなくて、

「根本的にひとり」

なのだということです。

 「個」といえばいいでしょうか?
うまく伝われば良いのですが。

ただ私達は、その1人乗りの舟を並べて
漕ぐことができます。

自分で漕ぐんです。

そうして手を繋ぎ、肩を叩き、
泣いたり笑ったりしながら
海を進んでいくのです。


独り立つことと、独りよがりは違う

「人は一人で生きているわけではない」

のは当たり前のことです。
今生き残れているということは、
必ず誰かの助けがあるということですから。

一人が好きであることとも違います。

私は大勢で集まったり
群れたりすることが苦手というか、
無意識に独りで行動する方を選んでいます。
予定を詰め込むのも苦手です。

だけど、誰にも何も感謝せずに
生きているわけではありませんし、
恩に報いるために
この手を貸し出せるのならば、
喜んで貸し出したいと思っています。

また、独りでいることを、

うまく生きれない負け犬

のように言うのも違います。

一人が好きな人間だろうが、
仲間に囲まれている人間だろうが、

どんな人間であれ、
同じように独りで立つものなのです。

大好きなあの人も、
大嫌いなあいつもそれだけは同じなんです。

舟を漕ぐのは誰なのか?

真っ暗い海を行く私達の舟は、
ひとり乗りです。

自分の舟を動かすのは自分自身なのです。

それぞれがそれぞれの舟を
独りで漕いでいるのです。

だから、

「孤舟」

暗い海を
「 漂う孤舟」

漂いながら、
自分はどこへ進むのか。
どう生きるのか。

友と肩を叩き合っていても、
恋人と寄り添っていても
家族みんなで手を取り合っていても

それぞれが
それぞれの一人乗りの舟を

自分で漕いでいるのです。

あの人が優しく笑いかけてくれるのは、なぜか

行先を照らしてくれる、

「明かり」

元気をくれるもの、
愛を学ぶもの、
この世界で道を間違えないためのもの。

その明かりは
初めからついているのではなく、

誰かが、

例えば共に進む家族が、
友人が、
恋人が、
明かりを灯してくれたから、
途中で航路を見失うことはない。

逆にあなたが明かりをつけてあげたなら、
愛しい人、大事な人の航路に
新しい灯りがともる。

その人はその明かりを頼りに
また漕ぎ進められる。

初めから海は明るいのではなく、
誰かに灯されて、
誰かを灯して、
明るくなっていくのです。

そしていつかそれが
ふっと消えてしまうまで、
私達はその灯火を
頼りに進んでいくのです。

自分が優しくなるために必要なものは、なんなのか

「その理屈なら独りじゃないじゃないか。」

そう言いたくなると思いますが、
それでも、
「舟は独り乗り」なのです。

一緒に同じ航路を進むことはあっても、
それぞれの小さな舟を

「ひとつの大きな船に積み換えて」

走ることはないのです。


そんな、それぞれの舟。
暗い海。
そこに灯された明かり。

それが、私が墨をすり、
筆を添えて描きたいものでもあるのです。

独りであること。

それは憎むものではなく、
愛するものなのだと。

私が描く絵が、あなたにとっての
その「灯り」になるように。

あなたに灯りが足りない時に、
私の絵が少しでも代わりになるように、
私はこの孤舟を漕ぎ続けます。

あなたに絵が届くところで、
私の舟は漂い続けるのです。