「漂う孤舟」を照らす灯台

はじめまして。
水墨画アーティストの八束徹です。
(名前は「やつかとおる」と読みます。)

これから私が水墨画家として
人に何を伝え、
なんの役に立ちたいのか

話していきます。

ポシティブさはネガティブがないと
生まれてこないもの
なので、
それも大切な話の一部です。

漂う孤舟の「孤舟」とは?

ここでいう孤舟とは、
暗い海を行く「ひとり乗りの舟」のことです。

私は、人は根本的に
独りだと思っています。

ここでいう独りとは、
ひとりぼっちで寂しいとか、
仲間がいないとか、
逆に友達なんかいらないだとか、
拗ねたりふてくされたりも含めた
そういう概念ではなく
て、

「根本的にひとり」

なのだという考えのことです。

「個」といえばいいでしょうか?
例えどれだけ人に囲まれている
人気者の友人の中にも、
私にはその孤独が見えます。

友達がふと見せた「影」に
気づいたことはないですか?
うまく伝われば良いのですが。

真っ暗い海を行く私達の舟は、
ひとり乗りです。

自分の舟を動かすのは自分自身なのです。

それぞれがそれぞれの舟を
独りで漕いでいるのです。
だからそこに孤独が生まれるのです。

しかし生きていくには、
それだけでは足りません。
絶対的に足りませんよね。

だから私達はそのそれぞれの1人乗りの舟を
互いに並べて並走しているのです。

そうして他の舟(家族・友人・恋人など)と、
手を貸し合い、肩を叩きあい、
慰め合い、応援し合い、
泣いたり笑ったりすることで、
舟を沈めずに暗い海を進んでいけるのです。

これが「希望」や「」になるのです。

そうですよね。

「孤独」と「独りよがり」は別の話

人は一人で生きているわけではない

これは当たり前のことですよね。
今生き残れているということは、
必ず誰かの助けがあるということですから。

舟が沈まずにいられるのは、
自分は一人でいるつもりでも、
必ず誰かしらが気づかないところで
この暗い海を並走してくれているから

なのです。

これはキャラ的なことなのですが、
私は大勢で集まったり
群れたりすることが苦手というか、
無意識に独りで行動するほうを
選びがちなタイプです。
遊びの予定を詰め込むのも苦手です。

とはいえ別にこれを基準にさっきから
人は孤独だのと語ってるわけではないのは、
わかってもらえますよね?

誰の舟とも並走したくないと
言っているわけではありません。

もしそうだとしたら、
それが「独りよがりな生き方」
ということであり、
私が伝えたいのは
そういうことではありません。


また、独りでいることを、

うまく生きれない負け犬
のように言うのも違います。

一人が好きな人間だろうが、
仲間に囲まれている人間だろうが、
人とうまくやれない不器用な人間だろうが、

どんな人間であれ、
同じように独りで立つもの
なのです。

大好きなあの人も、
大嫌いなあいつも
それだけは同じなんです。

暗い海を照らす灯台と水墨画の無限の可能性

行先を照らしてくれる、

明かり

それは元気をくれるもの、
愛を学ぶもの、
この世界で道を間違えないためのもの。

その明かりは
初めからついているのではなく、

誰かが、

例えば共に進む家族が、
友人が、
恋人が、
灯してくれたものであり、
だから、途中で航路を見失うことはない。

逆にあなたが明かりをつけてあげたなら、
愛しい人、大事な人の航路に
新しい明かり灯る。

そしてその人はその明かりを頼りに
また漕ぎ進められるかもしれない


初めから海は明るいのではなく、
誰かに灯されて、
誰かを灯して、
明るくなっていく
のです。

そしていつかそれが
ふっと消えてしまうまで、
私達はその灯火を
頼りに進んでいくのです。

そんな、それぞれの舟と
それぞれの海を灯す
優しい明かり。

それが、私が墨をすり、
筆を添えて描きたいもの
なのです。

水墨画は、基本的に
墨の黒と紙の白(余白)を使って描くものです。

そのシンプルな二つの武器が、
逆に迷いを断ち切りながら
深い世界を生み出します。

それが今話した「灯台の灯り」のように、
孤舟に乗る人々の心を照らすものになる。
そんな水墨画の無限の可能性
私は知っています。

私自身が水墨画を描くことで、
生きる力を取り戻したのですから。

自分の中にある「孤独」
消せない「孤独」

それは憎むものではなく、
愛することができるものなのだと。

そうすれば人生は
より豊かになっていくのだと。

私の夢の果ては、私が描く水墨画が、
あなたにとっての
その「灯り」になること
です。

あなたに灯りが足りない時に、
私の絵が少しでもその代わりになるように、
私はこの筆で、この孤舟を漕ぎ続けます。

あなたに私の絵が届く場所で、
私は漂い続けていくのです。

夢の続きは、下のリンク先にて。