【必ず役に立つ】水墨画の道具の知識〜テクニックまで〜水墨画が上達するための記事まとめ

水墨画に興味を持ち、
これから筆を取ろうと決めたり
迷ったりしている方達のために、
初心者向けとして
いくつか記事を書いてきました。

墨の世界を楽しんでいただくために、
私が学んできたことを
そこに記しています。

今回はそれらの記事のリンクをまとめました。
道具全般、筆、墨、硯、和紙、
それから基本的なテクニックまで。

読めばきっと水墨画についての認識が深まり、
上達への道しるべとなるはずです。

そして、描く側ばかりではなく、
それを観る側のあなたにとっても、
水墨画の美しさを知るきっかけとなれば
幸いです。

記事まとめ

道具全般について

ゆっくり揃えていきましょう。

初めは100均のものでもいい?

筆について

筆ってそもそもどこで買うの??

筆にも種類があります。

どうぞ、筆と長いおつきあいを。

墨について

墨と墨汁は別物です。

硯(すずり)について

硯の一番重要な部分は鋒鋩。ほうぼうと読みます。

洗わないと墨がこびりつきます。

和紙について

普段使っている紙はほぼ「洋紙」なのです。

逆に和紙じゃないとやっても面白くないです。

テクニック編

線を引くだけでもこれだけのパターンがあります。

これだけであなたの絵が「水墨画」に変わります。

あとがき〜「モノクロの世界」のその先にあるもの

墨を使うからといって、
水墨画はただ単純に、
白黒で仕上げた絵というわけではありません。

その濃淡やにじみ、かすれなどの技法が、
自由で詩的で、いさぎよく、
よけいな口を挟まず、
観る側の心の泉にぽちゃんと水滴を落として、
収まらない波紋を残していく。

そんな繊細で深い表現を生み出します。

絵は作家の人生が滲み出るものであり、
その失敗も成功も
生き様として絵に残ります。

泥臭く転がり生きてこそ、
人に伝わるものになり、
それでこそ、その絵が
あなたと寄り添えるだけの価値を得る。

私はそれを信じて、学び、
描き続けています。

どうかこれから先、
あなたが水墨画を描く時、
もしくは水墨画を鑑賞する時、
その「モノクロ」の先にある美しさ、
そしてたくさんの「色」を、
ぜひ探して見つけ出してみてください。

そしてその水墨画があなたを始め、
もっとたくさんの人の
そばに行けることを私は願っています。