鶏は冬には卵を産まなかった?〜鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

鶏は人の生活に強く結びついた鳥です。
卵は一年中いつでも買えますよね。

しかし元々は、鶏も
そんなにしょっちゅう
卵を産んでいたわけでは
なかった
んです。

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

1月30日から2月3日頃の七十二候は、
大寒末候 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)です。
二十四節気では、大寒(だいかん)
その大寒を3つに分けたうちの3番目(末候)です。

この記事では、その鶏始乳、
今回描いた水墨画、

について話していきます。

鶏は冬には卵を産まなかった?〜鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

養鶏が変えた鶏の産卵

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)とは、
鶏が卵を産み始めるという意味です。

現代では卵はいつでも買えますね。
いろんな料理に当たり前のように使われて、
私達の生活に染み付いた食材です。

それだけ流通しているものなので、
それを産む鶏は一年中産卵しているような
気が
してしまいますが、
それは養鶏(ようけい)により管理された
状況だからこそであり、
元々の鶏の産卵時期は春から初夏
本来であれば、鶏が冬に卵を産むことは、
ほとんどなかったのです。
(稀に産まれるものは寒卵と呼ばれ、
とても貴重なものでした。)

なので、この七十二候ができた当時は、
この時期に鶏が産卵して温めている様子を
長い冬の終わりを知らせる姿として
とらえられていました。

しかし、それと同時に鶏は
家禽(かきん)として価値が高く、
やがて採卵用の鶏は品種改良により、
時期を問わず、卵を産むように
なったのです。
(*家禽は家畜の鳥バージョン)

これは養鶏のなれの果てであり、
人間の都合だけが招いた結果ですが、
積み上がった歴史の上に生きる私達には、
もはや否定は難しいものです。

私達がそれだけ、日々、鶏の恩恵を預かり
栄養を得ているという事実に、
絶えず感謝の気持ちを持つべきなのは
言うまでもないことですね。

神秘性としての鶏〜夜明けの合図

鶏の家禽の歴史を紐解くと、
鶏は初めは食用や採卵用ではなく、
こけこっこーと、その甲高い鳴き声で
夜明けを知らせる鳥という
神秘性を持った有難い存在
として扱われていました。

それがやがて、闘鶏(とうけい)のため、
そして食用(卵や肉)にするために、
飼育するようになっていくのです。

その行為は養鶏として発展し、
今ではその習性も改良されて、
採卵用の鶏は、一年中
卵を産むようになりました。
人間の食を満たすために。

それでもその甲高い鳴き声は、
未だに夜明けの合図としての
神秘性
を失ってはいません。

それも人の夢が作り上げたものであり、
まさに今、次の立春へ向かう
最後の七十二候にふさわしいものとして
鶏がここに登場するのかもしれませんね。

冬の終わりという夜明け

人の語ることは、すべて
人のための夢なのです。

水墨画で七十二候を描く〜鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

今回描いたのは、めんどりとひよこです。

鶏といえば一番に思いつくのは、あの白い体と
真っ赤な鶏冠(とさか)と肉垂れ

ではないでしょうか。

他にも軍鶏やチャボ、
各地の地鶏など実に種類が豊富ですが、

日本で最も知られた採卵用鶏は、
白色レグホンと呼ばれる鶏です。
卵を産まないひよこのオスは即、殺処分され、
残されたメスは成長後、1〜2年間ほどの
排卵期間に卵を産みます。
そしてその期間が過ぎると
廃鶏(はいけい)」として扱われ、
加工肉やレトルト食品になって
市場に出回るようになります。

採卵用の鶏は、元々食肉用として
育てられた種類のものとは違い
その肉の価値は低い(肉質が固いため)のです。

売り場で上述した食品を見かけたり、
店で料理として出された時は、
それは頑張って無精卵をたくさん
産んでくれた鶏達
だということですね。

人間がひよこを育てる場合、
彼らに親子で過ごす時間はありません

せめてものために、
今回この親子を描きました。

まとめ

今回話したのは、

  • 七十二候・鶏始乳
  • 水墨画で描いた鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

についてでした。

これで全ての七十二候を一巡しました。
次の七十二候は、また新たな
立春初候 東風解凍(こちこおりをとく)です。