「立秋」は夏の季語?残暑に吹く涼風〜七十二候・涼風至(すづかぜいたる)

まだまだ暑さの続く残暑。
残暑とは立秋以降の暑さのことです。
立秋とはその字のごとく、
秋になったということ。
暦の上では秋ですが、しかし、
「立秋」は夏の季語だったりします。

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

8月7日から8月11日頃の七十二候は、
立秋初候 涼風至(すづかぜいたる)です。
二十四節気は、立秋(りっしゅう)に変わります。
その立秋を3つに分けたうちの1番目(初候)です。

この記事では、その涼風至、
今回描いた水墨画、

について話していきます。

立秋でも夏の季語。記憶に吹く涼風〜涼風至(すづかぜいたる)

この暑さの中で涼しい風?

涼風至(すづかぜいたる)とは、
涼しい風が立ち始めるという意味です。

涼しい風が立つ

まだまだ暑さが続くこの時期、
どこにそんな風が吹くのか

この時期はまだまだ
そんな感じですよね。
涼しくなるだなんて、
夢を見せるなと
そう言いたくなりそうな
七十二候ですが、

夏至以降、日は短くなっていくばかりで、
夕方から夜にかけて少しずつですが、
この時期は気温も下がり始め、
過ごしやすくなってきています。

涼風はどこに吹く

気象は年々変わり、
昔とは気温も違いますから、
涼風が吹いてくる時期も
変わってきているかもしれませんが、

夏休みに遊んだ薄暗い帰り道。
聞こえて来るのは、
カラスとヒグラシの鳴き声。
たどり着いた家では、
家族の笑い声が響く。

私の記憶にある情景にも
そんな涼風が
確かに吹いて
いました。

静かな夕刻、
涼風に揺れる草木、
窓辺の風鈴、カーテン。

今、私とあなたが辿る帰り道に、
涼風は吹いているのか。
あの頃と変わったのは、
季節だけではありませんね。

その癒しは今だってふとしたところに
ちゃんとあるのです。

水墨画で七十二候を描く〜涼風至(すづかぜいたる)

今回はトンボを描きました。
とんぼは夏から本当の秋までいますからね。
秋の赤とんぼを思い出せば、
いくらかは「涼風」もここに「至る」かなと。

顔、胸、足などは濃墨、
羽根は薄墨、
尾の部分は、両隈で描き、
模様を付け足しています。

毎日毎日の暑さの中、
クーラーの冷えた風に慣れた体で
自然がもたらす小さな癒しは
見過ごしがちですね。

さて、立秋を迎え、暦上は秋。

こうして秋口の涼しさを
待ち焦がれる私達が
ふと見逃している間も、
季節は変わり続けています。

あなたの暮らしに
寄り添いながら、
今も夏の終わりを少しずつ、
教えてくれているのです。

まとめ

今回話したのは、

  • 七十二候・涼風至
  • 水墨画で描いた涼風至(すづかぜいたる)

についてでした。

次の七十二候は、
立秋次候 寒蝉鳴(ひぐらしなく)です。