沢の水も凍るほどの寒さ。凍るのは沢だけじゃない〜七十二候・水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

冬の寒さも佳境を迎えて、
あたりに氷が張るようになりました。

沢の水も然り。

冬の情景を探してみましょう。

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

1月25日から1月29日頃の七十二候は、
大寒次候 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)です。
二十四節気では、大寒(だいかん)。
その大寒を3つに分けたうちの2番目(次候)です。

この記事では、その水沢腹堅、
今回描いた水墨画、

について話していきます。

沢の水も凍るほどの寒さ。凍るのは沢だけじゃない〜水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

寒さに凍る沢の水〜冬の情景

水沢腹堅(さわみずこおりつめる)とは、
沢に氷が厚く張りつめるという意味です。

「沢」とは、簡単に言うと、
川の小さいバージョンのことです。

山を水源として、
平地まで水が流れ続けて
大地へ広がっていくものが
山中だけで終わってしまうような
短い流れのものを

と呼ぶ感じです。

日毎に寒さは増して、
朝晩の厳しさも佳境を迎えました。

一年で一番寒くなるこの大寒には、
北国に限らず気温が
氷点下に達する
地域も多く、
東京でも雪が降る確率が高いのは
毎年このあたりからです。

そんな時期ですから、
凍るのは沢に限ったことではありません。

滝が凍れば氷瀑(ひょうばく)となり、
美しい冬の情景を見せてくれますし、
雨どいからの水はつららに変わり、
手水鉢にも薄氷が張ります。
土手の土も、歩けばしゃりしゃりと
音を立ててみたり。

全ては冬の造形美。

そのどれもが、胸に残る風情に
なり得るものです。

聞こえるのは寂しい冬の音ですが、
ほんの少しだけ耳を塞ぐのをやめて
冬の情景を探してみませんか?

寒さから生まれた四字熟語〜大寒索裘(たいかんさくきゅう)

大寒にまつわる言葉で、
大寒索裘(たいかんさくきゅう)
いうものがあります。

は「かわごろも」とも読み、
毛皮の衣のことで、
直訳すると、大寒にその獣皮の服を探す
という感じになります。

それを、

何の準備も対策もせず、
その時になってから慌てても
もう遅いよ

と例えた四字熟語です。

冬の寒さも対策を万全にしてこそ、
その景色を楽しめるというもの。
凍えて冬を嫌いにならないように、
季節に合わせた準備をして
冬の情景を望みたいものですね。

それでこそ次の春の優しさも
雪解けの美しさも
なお増していくはずですから。

水墨画で七十二候を描く〜水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

今回は、雪景色を描きました。

雪やこんこ
あられやこんこ
降っても降っても
ずんずん積もる

毎年毎年、雪の季節になると
思い出す歌です。

私が子供の頃、私の故郷は
今以上に雪が降り積もっていました。
寝て起きて玄関のドアを開けたら、
一夜にして世界が変わっていました。

子供の頃、毎年当たり前のように
見ていたその銀世界は、
時代とともに少しずつ変貌し、
現在では真冬でもアスファルトが
見えているような、
そんな朝を迎える日も
多くなってきているようです。

都会で見上げる灰色の空からは
その結晶はなかなか舞い降りてきませんが、
いつも私の胸の中にあるのは、
あの気の遠くなるほど広がる
白い白い雪景色なのです。

まとめ

今回話したのは、

七十二候・水沢腹堅
水墨画で描いた水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

についてでした。

次の七十二候は、
大寒末候 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)です。