豊臣家の家紋にもなった越冬する桐の花〜七十二候・桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

といえば、家具や下駄などに
使われている樹木。
そこに美しい花が咲くイメージは
あまりないかもしれませんね。

桐の花は菊と並び、
家紋などにも使われる
選ばれた花
なのです。

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

7月23日から7月27日頃の七十二候は、
大暑初候 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)です。
二十四節気は、大暑(たいしょ)に変わります。
その大暑を3つに分けたうちの1番目(初候)です。

この記事では、その桐始結花、
今回描いた水墨画、

について話していきます。

豊臣家の家紋にもなった越冬する桐の花〜桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

厳しい冬を越える桐の花のつぼみ

桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)とは、
桐の花が(来年の)蕾をつけるという意味です。

桐の花の開花時期は4〜5月
桐の花は、桐の木の高いところにだけ
花を咲かせる
ため、
地上からでは気が付かれないことが多く、
与えられたその花言葉の通り、
まさに「高尚」な存在とされてきました。

桐は花が終わると7月には実をつけ、
秋の稲刈りもはじまる頃に、
割れて綿のような種を飛ばします。

そしてそれと同時に早々と
蕾をつけるのがこの時期なのです。
その後なんとそのまま厳しい冬を越し
翌年の春にまた花を咲かせます。

つぼみから開花まで
10ヶ月ほどかかるのです。

桐初めて花を結ぶとは、
まさにその名の通り、
この時期に蕾をつけるために、
七十二候のひとつに数えられた
花なのです。

中国の伝説上の霊獣・鳳凰は、
桐の木にのみにとまるとされていました。

その姿は古来より、絵の題材とされ、
多くの画家に描かれ続けています。

桐は古くから家具や下駄などに
木材として使われてきた木です。

今では安価な材料で安価な製品が
多く作られるようになり、
桐は高級品になってしまいましたが、
たとえば桐の箪笥などは、
燃えにくい特性を持つことから
古来より重宝されてきました。

桐の花の紋章について

桐の花は昔から家紋や貨幣に採用され、
皇室や、あの有名な戦国大名、
豊臣家にも家紋として
使われてきました。

今の日本政府の紋章も
桐花紋(とうかもん)です。

身近なところでは、500円玉に
描かれていたりしますね。

水墨画で七十二候を描く〜桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

話の流れ的に、
「鳳凰を描きました!」

と言いたいところですが、
今回は桐の花の蕾を描きました。

私、実在しないものって苦手なんですよね。
龍とかもそうなんですが。

もちろん、描きたい気持ちは
あるんですけどね。

この記事を書くまで、
桐の花のことは知らなかったので、
ひょっとしたらいつか
見上げた桐の木にとまる鳳凰が
見える時が来るかもしれませんね。

蕾が花開くころに。

あ、心の中にってことですよ。

そうしたら、その時は
筆を取りたいと思います。

まとめ

今回話したのは、

  • 七十二候・桐始結花
  • 水墨画で描いた桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

についてでした。

次の七十二候は、
大暑次候 土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)です。