あやめ菖蒲に杜若(かきつばた)。3つの花の違いとは?七十二候・菖蒲華(あやめはなさく)

あやめはなさくとはいうものの、
この「菖蒲」という字は、
あやめともしょうぶとも読みます。

ふたつともよく似ていますが、
実は違う花なのです。

この七十二候はどちらの花のことを
言っているのでしょうか。

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

6月26日から7月1日頃の七十二候は、
夏至次候 菖蒲華(あやめはなさく)です。
二十四節気では、夏至(げし)。
その夏至を3つに分けたうちの2番目(次候)です。

この記事では、そんな菖蒲華、
今回描いた水墨画、

について話していきます。

あやめ菖蒲に杜若。3つの花の違いとは?〜菖蒲華(あやめはなさく)

あやめ?ショウブ?〜それぞれの違い

ハナショウブ

菖蒲華(あやめはなさく)とは、
あやめの花が咲くという意味です。

この七十二候ではその言葉の通り、
あやめの花のことを言っているのですが、
菖蒲と書いて、「あやめ」とも
「しょうぶ」とも読みます。

菖蒲(しょうぶ)は菖蒲の節句
記事にも書きましたが、
水辺に生える植物のことで、
花ではありません。

ですが、そのしょうぶとは別に、
「ハナショウブ」とも呼ばれる、
花を咲かせる「しょうぶ」があり、
これとあやめがよく似ているため、
この菖蒲華はどの花についてのことなのか、
わかりづらくなっているのです。

ここに同じく似た花である杜若を加えて、
その違いを話していきます。

3つともアヤメ科に属する花なのですが、
厳密にはそれぞれ違う花です。
パッと見はほとんど同じなんですけどね。

まず咲く場所ですが、
草地に咲くのがあやめで、
湿地に咲くのがハナショウブと杜若です。

大きさはあやめが
他の二つと比べて少し小さめです。
一番大きくなるのはハナショウブです。

見た目でわかりやすいのは、
花びらの根元。
あやめには白と黄色の
網目模様があります。
ハナショウブの場合は白と黄色、
杜若が白色で、
この二つに網目模様はありません。

咲く時期は、早い順に、
あやめ、杜若、ハナショウブとなります。

最初に伝えたように、この七十二候は、
あやめについてのことだと言われていますが、
ちょうどこの時期に開花するのが
ハナショウブのため、
菖蒲華はハナショウブのことだという説も
実はあったりします。

美しい女性の代名詞?いずれあやめか杜若

杜若(かきつばた)

この花達に関することわざで、
いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)
というものがあります。
これはどちらも似ていてどちらも美しく、
比べようがないという意味です。

主に女性に対して使われるのですが、
そんな美しい数人の女性たちを目の前にした
キザな色男が言いそうなセリフでも
ありますね。

…ありませんか?笑

この世に男と女が存在限り、
そんなシーンはどの時代にもあるものです。

あやめの花言葉は、
「メッセージ」「嬉しい知らせ」

杜若では「幸運が訪れる」「高貴」など。

この色男の話にからめると面白いですよね。

果たしてその色男の元に、
そんな花言葉のような
嬉しい知らせは届くのか。
幸運は訪れるのか。

どっちつかずに手を広げた、
誰かさんの胸の鼓動が
聞こえてきそうですね。

水墨画で七十二候を描く〜菖蒲華(あやめはなさく)

菖蒲華はあやめだあやめだと
いってきましたが、
描いたのはハナショウブです。

先隈で、外側の花びらを描き、
内側の花びらは濃墨で書いています。
茎は両隈です。

なぜ、ハナショウブを書いたかというと、
ハナショウブの原型とされる花は
ノハナショウブといって、
実は元は野生の花なのです。
それが品種改良されて
ハナショウブが生まれたのです。

こういった花の品種改良は、
江戸時代の文化の一つでした。

品種改良をしたということは
原型を美しく変えたということであり、
それはまるで、

化粧を施して美しくなった女性

のようでもありませんか?

その美しい女性が、
さっき話したような男を翻弄する。

いつの時代も変わりませんね。

結局女性には、
手のひらの上で転がされているのが
男の姿でもありますからね。

まとめ

今回話したのは、

  • 七十二候・菖蒲華
  • 水墨画で描いた菖蒲華(あやめはなさく)

についてでした。

次の七十二候は、
夏至末候 半夏生(はんげしょうず)です。