つわりの薬代を他のことに使っていた??江戸のしたたかな女性像〜七十二候・半夏生(はんげしょうず)

半夏(ハンゲ)と呼ばれた草は、漢方薬の元として、昔から重宝されてきました。その用途は、嘔吐、つわりなど。 漢方薬が現在より重宝されていた江戸時代当時の女性の強さが、垣間見れる逸話も残っています。 こんにちは。水墨画アーテ … 続きを読む つわりの薬代を他のことに使っていた??江戸のしたたかな女性像〜七十二候・半夏生(はんげしょうず)