渡り鳥・雁の群れは冬空が似合う〜七十二候・鴻雁北(こうがんきたへかえる)

冬を愛する渡り鳥、雁(がん)。
春の訪れとともに、雁は日本を離れ、
寒いロシアへ渡ります。
春を待ち焦がれた人の
後ろ髪を引きながら。

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

4月10日から4月14日頃の七十二候は、
清明 次候 鴻雁北(こうがんきたへかえる)です。
二十四節気では、清明(せいめい)
その清明を3つに分けたうちの2番目(次候)です。

今回は、その鴻雁北、
そして今回描いた水墨画、

について話していきます。

渡り鳥・雁の群れは冬空が似合う〜鴻雁北(こうがんきたへかえる)

寒い場所を求めて海を渡る

鴻雁北(こうがんきたへかえる)とは、
雁が北へ渡って行くという意味です。

北とはロシアです。
鴻は他と比べて体が大きいヒシクイのことで、
雁は他のガン。
どちらも雁のことです。

冬鳥である彼らは、日本に春が訪れると、
寒い土地を目指して北へ飛び立ちます。
その鴻雁達が北へ帰る頃の曇り空のことを、
日本では鳥曇りと呼んでいます。
これは春の季語ですが、
渡り鳥が空に大勢いることで空が曇るから、
というわけではないです。
あくまでも「この時期の曇り空」のことを
指します。

雁の群がV字になって空を飛ぶ姿は
印象的ですよね。
この時、先陣としんがりは
強い雄雁が務めています。

また、雁は警戒心が強く、
群れが食事に夢中な時も、
少し近づくと一斉に
飛び立っていってしまいます。
それは群れの中に一羽見張りがいて、
危険を察すると周りにそれを知らせる
からです。

どちらにしても集団で行動するための秩序が
しっかりと保たれているわけです。

春に去り、秋にまたやって来る雁

七十二候では、玄鳥至(つばめきたる)に対し、
秋には玄鳥去(つばめさる)があるように、
今回の鴻雁北(こうがんきたへかえる)に対し、
秋になると鴻雁来(こうがんきたる)があります。
燕が寒くなると飛び立つのと入れ替わりに、
雁は日本にやってくるわけです。

そうやって鳥達は私達に
季節の移ろいを示してくれるのです。

雁が水辺に漂う姿は優雅で美しいもの。
湖や、沼、池のある公園など、
その姿を静かに眺める時間も良いものです。
ちゃんと距離を置いて。
相手が近づいてほしくないなら、
わざわざ近づく必要はないのです。

彼らが鳥曇りの空を飛び立つ前に一度、
その姿を見に行くのもいいかもしれません。

冬の暮らしを彩ってくれた雁達とも、
しばしのお別れです。

水墨画で七十二候を描く〜鴻雁北(こうがんきたへかえる)

今回は、その七十二候のタイトル通り、
北へ旅立つ雁を描きました。
これは薄墨で全体の形をとってから、
濃墨で表現できる部分・・・羽根や頭部などを
その際の墨の滲みを利用しつつ描いています。

鳥の翼って羽根が一枚一枚
ただ並んでるわけではなくて、
外側だけでも初列風切、次列風切、
三列風切とあり大きさも向きも違います。

こういうのも覚えた上で描くと、
絵が生きています。

まあ、鳥博士になる必要はないと思いますけど、
なったらなったで、
すごいものが描けそうな気もしますけどね。

水墨画はその上で大胆に端折ると、
面白い絵になります。
どう端折るかが難しくて楽しいところなのですが。
端折るっていうと手抜きみたいなので
「引き算」にしておきましょうか。笑

それから、先ほども話したように、
雁は寒い場所を求めて北へ渡ります。
そしてそれは彼らが生きるため。

それを思いながら描くことも、大切ですね。

それから・・・、
「平和」も届けてほしいなと思います。

まとめ

今回話したのは、

  • 七十二候・鴻雁北

についてでした。

次の七十二候は、
清明末候 虹始見(にじはじめてあらわる)です。