あやめ菖蒲に杜若。同じような3つの花の違いとは?七十二候・菖蒲華(あやめはなさく)

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

菖蒲と書いて、
あやめともしょうぶとも読みます。
ふたつともよく似ていますが、
実は違う花なのです。

一体どう違うのでしょうか。

6月26日から7月1日頃の七十二候は、
夏至次候 菖蒲華(あやめはなさく)です。
二十四節気では、夏至(げし)。
その夏至を3つに分けたうちの2番目(次候)です。

この記事では、そんな菖蒲華、
について話していきます。

あやめ菖蒲に杜若。同じような3つの花の違いとは?〜菖蒲華(あやめはなさく)

あやめ、ショウブ、カキツバタの違い

菖蒲華(あやめはなさく)とは、
あやめの花が咲くという意味です。

菖蒲と書いて、「あやめ」とも
「しょうぶ」とも読みます。
(この場合のショウブは、
菖蒲の節句の菖蒲ではなく
花の咲く菖蒲、ハナショウブのこと)

このふたつはよく似ているのですが、
そこにこれもまたよく似ている
杜若(かきつばた)が加わるので、
さらにこんがらがってきます。

さてこの菖蒲華は
そのどれのことを言っているのでしょうか。

実際、現代ではその3つを
まとめて菖蒲と呼んでいますが、
厳密にはそれぞれ違う花です。
パッと見はほとんど同じなんですけどね。
とにかく違いを見ていきましょう。

まず、あやめは草地に咲く花です。
そしてハナショウブと杜若は湿地に咲きます。
ここで一つ違いがでてきましたね。
見た目ですが、大きさはあやめが
他の二つと比べて少し小さめです。
一番大きくなるのはハナショウブです。

わかりやすいのは花びらの根元。
あやめには白と黄色の網目模様があります。
ハナショウブが白と黄色、
杜若が白で、
この二つに模様はありません。
咲く時期は、早い順に、
あやめ、杜若、ハナショウブで、
ちょうどこの時期は
ハナショウブの開花時期です。

そしてハナショウブは
ノハナショウブの園芸品種
江戸時代に品種改良されたものです。

そういったことから、この菖蒲華は、
ハナショウブのことだと思われます。
七十二候(日本版)は、
江戸時代に編成されたものですしね。

美しい女性の代名詞

ところでこの花に関する言葉で、
いずれ菖蒲(あやめ)か杜若
というものがあります。
これはどちらも似ていてどちらも美しく、
比べようがないという意味です。
美しい数人の女性たちを目の前にした、
昔の色男が言いそうなセリフですね。

ハナショウブは改良されて
作られたもの。
そんなハナショウブの花言葉は、
「優しい心」
「優雅」
「嬉しい知らせ」


梅雨もまだ開けない灰色の空の下、
美しく咲くための化粧を施した
女性達のようにも見えてきます。

果たして嬉しい知らせは届くか否か。

胸の鼓動が聞こえてきそうな初夏です。

まとめ

今回話したのは、

  • 七十二候・菖蒲華

についてでした。

次の七十二候は、
夏至末候 半夏生(はんげしょうず)です。