梅雨入りとともに梅の実がなる。梅干しの元〜七十二候・梅子黄(うめのみきばむ)

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

梅雨の訪れとともに実を熟す梅。
雨に濡れた地面に落ちた梅の実の哀愁も、
この初夏の風物詩です。

そして美味しい梅干しの元でもありますね。

6月16日から6月20日頃の七十二候は、
芒種末候 梅子黄(うめのみきばむ)です。
二十四節気では、芒種(ぼうしゅ)
その芒種を3つに分けたうちの3番目(末候)です。

この記事では、そんな梅子黄、
について話していきます。

梅雨入りとともに梅の実がなる。梅干しの元〜梅子黄(うめのみきばむ)

長い梅雨に育つ梅の実

梅子黄(うめのみきばむ)とは、
梅の実が黄ばんで熟すという意味です。

梅といえば梅の花も美しいですが、
七十二候で取り上げられている梅は、
この梅の実のほうです。

ちょうどこの長い雨季に実を宿すことから、
梅雨という呼び名ができた
という説もあります。

この時期に梅の木になった
黄色く熟した梅。
熟した梅は、梅干しなどに使われます。
未熟な梅には青酸が含まれているので、
そのまま食べちゃダメですよ。
熟した梅は毒成分は
分解されるから大丈夫らしいですが、
まあ、とはいえそのまま食べることって
ないですよね。
私は子供の頃に食べた記憶がありますが、
そんなに甘みがあるようなものでもないです。

ところで梅の木は
生理落下というものを行います。
黄色く熟した梅が地面に落ち
潰れているのを見たことはないでしょうか。
これを生理落下といいます。
梅の木が自分ではもう支えきれない実を、
放棄してしまうのです。
落ちた梅の実は傷ついてしまうので、
梅の収穫はこの現象も気に留めつつ行います。

家庭の味の一つ〜自作の梅干し

出荷するための収穫ももちろんありますが、
私の実家でも、自分たちで
楽しむために収穫し、
梅干しや梅酒などを作っていました。
梅干しは買うと高いですからね。
昔も梅干しは高級品であり、
庶民の手に届くようになったのは
江戸時代に入ってから。
そしてこの七十二候(日本版)が作られました。

実家から送られてくる梅干しは、
私にとっては贅沢品です。

冬から初春にかけての、
梅の花を楽しむのが一般的ですが、
梅の実の揚々と熟れた様子も、
やがて地に落ちて潰れているわびしい姿も、
また季節を感じさせてくれるものです。

梅の実と、しとしと振り続ける雨と、
雨音が響く静かで少し暗い台所。
家庭の味。

季節は常に人の暮らしに
寄り添っています。
近くにいても離れていても、
忘れてはいけないものがあると。
それを思い出させてくれるのが
季節というものなのでしょう。

まとめ

今回話したのは、

  • 七十二候・梅子黄

についてでした。

次の七十二候は、
夏至初候 乃東枯(なつかれくさかるる)です。

二十四節気が、夏至に変わります。