国立新美術館|国際公募展「美は国境を越えて2023」開催と出品のお知らせ

外務省後援による水墨画の国際公募展、
「美は国境を越えて」が今年も開催されます。

開催期間は、
2023年1月26日(木)~2月6日(月)。
場所は六本木の国立新美術館。
記事の最後に無料入場の案内がありますので、
ぜひ最後までご覧ください。

2022年に公開の映画
「線は僕を描く」の水墨画監修を行った、
水墨画家・小林東雲氏が会長を務める
国際墨友会が主催の公募展です。

私の水墨画の師匠でもあり、
私も1点出品します。

「美は国境を越えて」とは?

2021年開催時の写真です

国際公募展「美は国境を越えて」は
水墨画家・小林東雲師匠が主体となった
水墨画をメインとした絵画の公募展です。

日本のみならず、海外からも出品者が集い、
世界各地の「水墨画」をその広い会場で
堪能することができます。

作品数はプロアマ合わせて、数100点以上。
おびただしい数の作品が、
ところ狭しと展示されます。
時間を忘れて、絵を堪能できるとおもいます。

これも東雲師匠の
権威と信頼のなせる業ですね。
師匠は会期中はほとんど
会場にいると思うので、
タイミングが合えば
きっと優しい顔で迎えてくれますよ。

墨と余白だけで描かれた水墨画は、
そのシンプルさの奥に
とても深いものがあります。
それを少しでも感じてもらえたら嬉しいです。

そんな独特の世界に浸るひとときを
あなたの休日にあててみませんか?

国立新美術館への行き方

住所:〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

電車で行く

東京メトロ千代田線乃木坂駅で降りて、
青山霊園方面改札6出口(美術館直結)へ。
これが一番便利です。

階段を登り、

6番出口へ。

バスで行く場合

都営バス 六本木駅前下車徒歩約7分 青山斎場下車徒歩約5分
港区コミュニティバス「ちぃばす」赤坂循環ルート六本木七丁目下車徒歩約4分 

車で行く場合

残念ながら駐車場はありません
近辺の有料駐輪場をご利用ください。
バイクを停められる駐輪場は正門を抜けて
右手にあります。

八束徹作品について

作画中の様子

私も例年通りに出品させていただきます。

この公募展は、年に一度の学びの場、
気を引き締める場として
初心に返って挑んでいます。
今回も師匠の指導なくしては
完成しない絵となりました。

いつまでも学ぶことはあるのです。

写真は作画中のものです。

完成作品はぜひ会場でご覧ください。

展示会の詳細と無料入場のご案内

入場料は500円となっておりますが、
この招待状を受付でお見せいただければ
2名様まで無料でご入場いただけます

会場:国立新美術館2F 展示室2A
会期:2023年1月26日(木)〜2月6日(月)
1月31日(火)休館
時間:10:00〜18:00
(閉館30分前までにご入場ください)
初日14:00開場/最終日13:00まで
入場料は一般500円
学生、70歳以上、障がい者及び付き添い1名 無料

ぜひ会場へ足をお運びくださいね。