漢方薬の元。ウツボグサはどんな病に効く?〜七十二候・乃東枯(なつかれくさかるる)

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

乃東(なつかれくさ)とは
夏に枯れて見える草」なので
なつかれそうと呼ばれています。
現在の呼び名はウツボソウ
薬草としても利用され、
漢方薬の材料の一つでもあります。

一体どんな病に効くのでしょうか。

6月21日から6月25日頃の七十二候は、
夏至初候 乃東枯(なつかれくさかるる)です。
二十四節気は、夏至(げし)に変わります。
その夏至を3つに分けたうちの1番目(初候)です。

この記事では、その乃東枯、
二十四節気・夏至、
について話していきます。

漢方薬の元。ウツボグサはどんな病に効く?〜乃東枯(なつかれくさかるる)

夏が来ると急に枯れる?

乃東枯(なつかれくさかるる)とは、
夏枯草が枯れるという意味です。

夏枯草とはウツボグサの昔の呼び方です。
ウツボグサは花穂(かすい)にあたり、
軸に沿っていくつもの
美しい紫の花を咲かせます。
花穂とは、ススキや紫蘇の花などのように、
軸に沿っていくつもの蕾が開く花です。
こういう咲き方をする花も、
結構ありますよね。

ウツボグサはその後、
夏になると急に褐色になります。
それが枯れたように見えるので、
その名の通り夏枯れ草と
呼ばれるようになりました。

漢方薬としても価値が高いウツボグサ

その花の美しさもさることながら、
人の暮らしに強く根付き、
七十二候の一つに選ばれたのは、
薬草としての価値が理由ではないでしょうか。

ウツボグサには利尿作用があるため、
尿管結石や膀胱炎など、
利尿を促したい病気の際に
煎じて薬草茶として飲まれたり、
消炎剤(炎症を抑える外用薬)
として使われたり。
また、漢方薬の材料として
他の薬草と配合することで、
さらなる効果を持つ薬になります。

現代ではそのほとんどが
中国からの輸入に頼っていますが、
きっと大昔の人々は、
夏枯れ草が褐色に変わると、

また薬が作れる、
病を治せる
と、

しとしとと降り続ける梅雨空の下で
そんな思いと希望を
胸に宿していたのではないでしょうか。

一年で一番、日の長い日〜二十四節気・夏至

夏至の日は北半球では
一年で一番昼が長い日です。
日本も然り。
この夏至の日から次の小暑までが、
二十四節気においての「夏至」です。
ちなみにその日、北極圏には
一日中太陽が沈まない、
いわゆる白夜が訪れます。

一年で一番日が長いと言われると、
まさに夏本番かと思ってしまいがちですが、
日本はまだ梅雨の真っ最中。
紫陽花の花が美しく咲き誇る時期です。

この夏至を境に、真夏へ向かって
昼の長さは少しずつ短くなっていきますが、
夏の暑さは逆に本格的になっていきます。

まだ過ごしやすさの残るこの時期は、
これからやってくる真夏の到来にむけて、
夏を楽しく過ごす準備を始める期間です。

急に暑くなると
体がついていかなかったりしますよね。
それこそ鬼の撹乱(かくらん=
普段健康な人が夏バテで体調を崩す)
にならないように、
今のうちから水分をしっかり取るなどして、
夏支度を始めましょう。

まとめ

今回話したのは、

  • 七十二候・乃東枯
  • 二十四節気・夏至

についてでした。

次の七十二候は、
夏至次候 菖蒲華(あやめはなさく)です。