猛暑日の気温は何度から?蒸し暑い夏〜七十二候・土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

高く登った太陽が地面に照りつけて、
地上の熱をあげていきます。
蒸し暑い日本の夏がまたやってきました。

果たして何度気温が上がれば、
猛暑日と呼ばれるようになるのでしょうか。

7月28日から8月1日頃の七十二候は、
大暑次候 土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)です。
二十四節気では、大暑(たいしょ)
その大暑を3つに分けたうちの2番目(次候)です。

この記事では、その土潤溽暑、
について話していきます。

猛暑日の気温は何度から?蒸し暑い夏〜土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)

高温多湿な日本の夏〜『溽暑

土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)とは、
土が湿って蒸暑くなるという意味です。

溽という漢字だけで、
溽(むしあつ)いとも読みます。
これが溽暑 (じょくしょ)に繋がり、
まさにその言葉の通り、
この時期の蒸し暑い夏のことを
表しています。

いよいよ日本特有の
高温多湿な夏の始まりです。

照りつける陽を受けて、
土が熱を発している状態のことを
土熱(いき)れといいます。

草むらの温度が上がった状態を、草いきれ。
人の集まった場所ならば、人いきれ。
夏に人の集まった場所に行くと、
余計に暑くなりますよね。
都会の満員電車などは、夏に限らず、
一年中そんな感じですが。

現代ではアスファルトからも
熱が上がります。

それに限らず夏はどこでも、
例えば砂場の砂山も、浜辺の砂も、
公園の芝生も、砂利も岩場も、
みんな熱を帯びていますよね。
砂をすくっても、
芝生に寝転んでも、
熱は伝わってきます。

大人になればだんだんと、
痛みを避けることばかり選び、
その熱さをわざわざ確かめたりは
しなくなってしまうけれど。

夏日、真夏日、猛暑日の違い

外を歩いていると、
陽炎がゆらゆら揺れて、
正気を失いそうになる猛暑。

夏日とは温度が25℃以上、
真夏日が30℃以上、
そして猛暑日が35℃以上の状態をさします。

蒸し暑く眠れない熱帯夜は
気温が25℃以上の状態のこと。

この七十二候が作られた江戸時代は、
(中国から伝わった七十二候を、
日本の気候に合わせて再編したのが
江戸時代です)
クーラーはもとより扇風機もない時代

鳴き続けるせみの声に気が遠くなりながら、
人々は、暑い夏を乗り越えてきました。

涼しげな浴衣を羽織り、
うちわで小さな風を感じ、
風鈴の音に耳を澄ませ、
金魚鉢の中の小さな海を眺める。

少しでも涼しさを「感じる」ために、
そして暑い夏を楽しんで過ごすために、
行っていたことのその名残が
今でも私達の暮らしに
変わらずに残っているのです。

涼しげな金魚の描き方についてはこちらへ。

まとめ

今回話したのは、

  • 七十二候・土潤溽暑

についてでした。

次の七十二候は、
大暑末候 大雨時行(たいうときどきにふる)です。

夏の気温が下がる夕立〜七十二候・大雨時行(たいうときどきにふる)