水墨画初心者向け〜水墨画に100円ショップの道具は使えるのか

もちろん100円ショップの道具でも、
絵は描けます。

絵は何を使うのも自由、
何に描くのも自由、
何で描くのも自由ですから、
当然のことです。

けれど水墨画単体としては
どうなのか?

100円ショップに売っているようなもので
ちゃんとした作品を
描きあげることができるのか?

この記事では、
水墨画を描くために大切な道具、
実際の描き比べ、
代用しても問題のない各道具、
さらになぜ、絵の道具は
100均で揃えてもいいという人が
いるのかについて、
話していきます。

水墨画は100円ショップの道具で描けるの?

描けないことはないです。

そもそも水墨画とは、墨と水を使い、
濃い墨だけではなく薄い墨を作り、
和紙へのにじみやぼかし、
かすれなどを利用しながら描いていく絵です。

ざっくり言うとですけど。

なので、100均の筆だろうと
墨だろうと和紙だろうと、
その効果が期待できれば
水墨画を描くのは可能です。

100均のものでもそれっぽくはなります。

なので、とりあえず、

水墨画ってどんな感じだろう?

と探ってみるにはいいかもしれません。

が、

やはり仕上がりは安っぽいです。

その違いが、初心者の方にはわからないんです。
それしか知らない状況で、
経験者に100均のものでいいと言われたら、
そうなんだと思ってしまいませんか?

そしてそれがそのままになってしまうと、
せっかくあなたが水墨画に
興味を持ってくれたのに、
その素晴らしさを
ちゃんと知らずに終わるという
寂しい結果を招いてしまうのです。

大事なのは文房四宝と呼ばれる4つの道具

筆、墨、硯、和紙の4つの道具は、
水墨画にとっても重要な道具です。

水墨画発祥の地・中国では
文房四宝と呼ばれて大切にされてきました。

100均で売っているものは、
言い方が悪いかもしれませんが、

それの偽物・おもちゃみたいなものです。

実際に描き比べてみました

百聞は一見にしかず。描き比べてみました。

ひとつは100円ショップの墨汁と
100円ショップの和紙

もうひとつは私がいま使っている松煙墨と、
画材屋さんの和紙

@yatsukatoru
@yatsukatoru

どちらも同じように淡墨を作り、
同じような模様を描いてみました。
これだけ違ってきます。

片方は綺麗に墨がにじみ、
存在感がありますが、
もう片方はにじみ方も雑で、
後から重ねた淡墨に
埋もれてしまっています。

さらに、しわになり過ぎです。

どちらが100均のものかは、わかりますよね。

簡単に描いただけでも、
これだけの差が出るのです。

100円ショップで代用できる道具

以下のものは100円ショップにあるもので
代用できます。

小皿

淡墨を作る際に使います。
小皿なんかは100均のでも大丈夫です。
淡墨の状態を確認しやすくするために、
白い皿を使いましょう。

底がギザギザになっているものは、
筆が当たるので使いずらいです。
底が平たいものにしましょう。

それから筆の大きさも考えて選びましょう。
小さい小皿から太い筆がはみ出しては
意味がありませんので。

私は今でも100均で小皿を使っています。

筆拭き

筆に含んだ墨を拭き取ったり、
筆の墨の量を調整する場合に使います。

筆拭きに使う道具は、白い布、ティッシュなど。
まあ、ティッシュは薬局でまとめて
買ったほうが安いですね。

筆洗い

筆を水で洗ったり、
薄墨を作る際などに使います。

カップで大丈夫ですが、
これも水の汚れ具合がわからなくなるので、
黒は避けましょう。

ただ、筆洗いも、それらしいものを
買ったほうが気分が出ます。

その辺は、自由です。

文鎮

紙をおさえるためのもの。

これは私はほとんど使いませんが、
まあ、重しになれば充分です。

デザインが凝った高価なものは不要です。
あれはコレクターのためのものです。

その他

下敷きや、小皿を洗う柔らかいスポンジ、
描いた絵をしまっておく入れ物など。
100均で間に合わせられるものは
他にもあります。 

水墨画を始めるための道具はこちら
水墨画初心者の方へ〜最初に揃えるべき道具

100円ショップのものをすすめる人が多い理由


「100均のもので大丈夫」

そう教える先生方、経験者の方、
いらっしゃいます。

いろんな意図があるとは思いますが、
水墨画は残念ながら、
絵の中ではマイナーなジャンルです。
というか、今の時代ではマイナーに
なってしまったというか。

おじいちゃんおばあちゃんが
やっているような
古い渋いイメージが強いんですよね。

本当はとても魅力的な「水墨画」を
もっと多くの世代に広め、
楽しんでもらうために、

「手軽に100円ショップでも
筆や和紙が買えますから、
まずそこからでも簡単に
始めてみたらいかがでしょうか」

「初めからちゃんとしたものを
揃えるというわけではなく、
まずは100均のものや、
学童用の習字セットなどで描いてみて、
水墨画のおもしろさを少しでも
知ってもらいたい」

というような、画家側からの願いが
そこにあるのだと思います。

まとめ

今回話したのは、

  • 水墨画は100円ショップの道具で描けるの?
  • 大事なのは文房四宝と呼ばれる4つの道具
  • 100円ショップで代用できる道具
  • 100円ショップのものを勧める人が多い理由

についてでした。

私は水墨画ほど美しく、幅広く、
カッコいい表現方法はないと思っていますし、
それをあなたに伝えたい気持ちは同じです。
そうやって取っ掛かりを持ってもらえたら
嬉しいのも同じです。

ただ水墨画を本当の意味で
楽しんでもらうためには、
今日話した内容からもわかる通り、
やはり最終的には、

文房四宝の4つ〜筆、墨、硯、和紙だけでも、
画材屋さんで揃えてほしいと私は考えています。
筆は使い捨てるものでは、ありませんから。


それは、あなたが水墨画をやってみたいなと
そう思ってくれたのならば、なおさらなのです。

【必ず役に立つ】水墨画初心者向け。絵の道具の知識や手入れ、テクニックまで〜水墨画が上達するための記事まとめ。