4月の終わりに霜が降りる。農家では死活問題?〜七十二候・霜止出苗(しもやんでなえいづる)

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

この時期になって霜が降りるなんて、
信じがたいですよね。
けれど遅霜と呼ばれる遅れてきた霜が、
土を湿らせてしまうことが
実際にあるのです。
神秘的ですが、
農家の人たちには死活問題です。

果たしてそれはなぜなのでしょうか。

4月25日から4月29日頃の七十二候は、
穀雨次候 霜止出苗(しもやんでなえいづる)です。
二十四節気では、穀雨(こくう)
その穀雨を3つに分けたうちの2番目(次候)です。

この記事では、その霜止出苗、
について話していきます。

4月の終わりに霜が降りる。農家では死活問題?〜霜止出苗(しもやんでなえいづる)

遅霜〜春に降りる霜

霜止出苗(しもやんでなえいづる)とは、
霜が終り稲の苗が生長するという意味です。

秋の七十二候、
霜始降(しもはじめてふる)、
および二十四節気、
霜降(そうこう)で降りてきた霜が、
立夏を迎える前にようやくその姿を消し、
苗が育つ時期を迎えます。

この時期に霜を見ることは
なかなかないかもしれませんが、
北国では、遅霜(おそじも)とよばれる霜が、
春の終わりにもまだ現れる
のです。
晩春は暖かくなるようでいて、
朝晩は冷えたりするわけですから、
不思議なことではないのです。

暖かいんだか寒いんだか、
どんな服装で出かけるか迷う季節でも
ありますね。
ただただこのまま暖かくなることを
無意識に願いながらも。

季節とともに〜力強く育つ稲の苗

そんな遅霜がようやく顔を隠すと、
稲の苗は力強くその芽を出し、
冬の間から準備を進めてきた
農家の人達の仕事が報われ始めるのです。

もちろん穀物にとっての恵みの雨、
穀雨もその成長を助けてくれます。

今でこそ苗はビニールハウスで
作られていますが、
昔は外で育てられていましたから、
霜が歓迎されないのも当然のことでした。
そして目が出たその苗を田んぼに植えて、
よく知られている田園の風景が
できあがるのです。

人の暮らしは季節とともにあります。
生まれてくる作物もそうです。

私達がその一年を成長しながら生き、
耕し、育めばこそ、
農作物も、大切な食物として大地に生まれ、
私達が生きていく手助けをしてくれるのです。

まとめ

今回話したのは、

  • 七十二候・霜止苗出

についてでした。

次の七十二候は、
穀雨末候 牡丹華(ぼたんはなさく)です。