雑草とはどの草木?雑草という名の草はない〜七十二候・草木萌動(そうもくめばえいずる)

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

春の雨が土をうるおわせると、
その土の下から小さな草木の芽が
顔を出します。
雑草と呼ばれる草木も、
新しく生まれてくる命。

果たして雑草とは、
どの草木のことを言うのでしょう。

2月28日から3月4日頃の七十二候は、
雨水末候・草木萌動(そうもくめばえいずる)です。
二十四節気では雨水(うすい)
そその雨水を3つに分けたうちの3番目(末候)です。

この記事では、その草木萌動、
桃の節句、今回描いた絵、

について話していきます。


雑草とはどの草木?雑草という名の草はない〜草木萌動(そうもくめばえいずる)

新しく生まれ来る春の草達

草木萌動(そうもくめばえいずる)とは、
草木が芽吹き始めるという意味です。

雨水の春の雨で柔らいだ土に陽がそそぎ、
新芽がゆっくりと顔を出し始めます。
春は多くのものが生まれる季節。

今回の七十二候は
そんな草木の芽生えがテーマになっています。

恵みの雨に濡れながら空を見上げる新芽が、
湿った地面を彩ります。
一斉に緑に変わる山肌は美しいですよね。
生まれてくる新緑達が、
無邪気に笑いあっているかのようです。

雑草という名の草はない

しかし山を降りて、街へ出ると、
舗道の端っこでアスファルトを割って
よいしょよいしょと芽を出した緑は、
時に「雑草」とひとまとめにして扱われ、
無造作に引っこ抜かれたり
除草剤を撒かれたりします。

美しく見える環境であれば、大切に扱い、
汚く見える環境であれば、ゴミ扱い。

それが一般的な、
人間の下す判断」なのですよね。

整備された公園に芽生えた草木は、
人に撒かれた種以外は邪魔者です。
まさに人間社会のようです。

雑草なんて名前の草はなく、
それぞれにもれなく美しさがある


なんて言うと、誰かが、
おいおいそれは綺麗事だと言うでしょう。
しかし、逆に
「それが世の中だ。」という主張も、
それはそれで綺麗事なのです。

さあ、どっちの綺麗事をとるか。
どうしたものか。

白黒は自分の中でつけるもの。
私もあなたも、
惑わされない美しい花を
咲かせてやりましょう。

この新しく迎えた春に。

水墨画で七十二候を描く〜草木萌動(そうもくめばえいずる)

この時期に芽生える草木のひとつ、フキ。
地下を延びる地下茎から、
葉より先に、花のみを咲かせる
花茎を地面にのぞかせます。

これをつぼみのまま採取したのが、
ふきのとうです。

売られているものはほとんどが
人の手によって栽培されたものですが、
ふきのとうの天ぷらなど、
よく知られた料理ですね。

フキはこの花(ふきのとう)が咲き終わると、
葉をつけ、大葉を広げるようになります。

そんかフキの葉もまた、山菜として、
煮物・炒め物などの料理に使われるのです。

実家の食卓でも、
ふきのとうの天ぷらは出てきましたし、
今でもお店にあれば食べたくなります。
お酒のあてにも、よく合いますね。

そんなフキの花言葉のひとつに、
「待望」があります。

それに応えるように、
フキは大地に根を広げていきます。

まとめ

今回話したのは、

  • 七十二候・草木萌動(そうもくめばえいずる)
  • 水墨画で描いた「草木萌動」

についてでした。

次の七十二候は、
啓蟄初候 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)です。

二十四節気が、啓蟄に変わります。