水墨画初心者向け〜硯(すずり)の手入れ

筆ももちろんのこと、
硯(すずり)も同じく、手入れが必要です。

昔の人は、

顔を洗うより先に硯を洗え

的なことを言っていたらしいですが、
とにかくそれくらい手入れが
大切だということです。

とはいえ、今では墨を使う人も
限られていますし
そんなおおげさな話ではありませんが、

墨にたずさわる側としては、
同じくらい真剣な気持ちで、
大切に使っていかなくてならない
道具なのです。

今回の記事では、硯の名称から始まり、
本題の手入れ、洗い方、研ぎ方について
話していきます。

硯の名称について

まず硯の各部の名称から。

*詳細はこちらの記事をご覧ください。

上の写真の通り、
こんな感じでそれぞれ名前があるのですが、
硯は、この「墨堂、丘、陸」の部分にある、
(呼び方が色々なので、私は丘と呼んでいきます)

鋒鋩(ほうぼう)とよばれる凹凸が、
一番重要です。

鋒鋩は目には見えない凹凸でできていて、
これがあることによって
墨をすることができるからです。

ここが手入れされていなければ、
ちゃんと墨をすることはできません。

硯の手入れ〜毎回洗うの?

硯は、筆と同じく、
使ったら毎回洗うものです。
なぜかというと、
硯に古い墨を残したまま放っておくと
それが乾燥し、ほうぼうの隙間にたまり、
墨が綺麗にすれなくなるからです。


洗わずに使い続けていくと、
さらに硯の縁などに
その乾燥した墨がたまり、
硯がどんどん汚くなっていきます。

鋒鋩の隙間にももちろん、
残っています。

そして、次に使う時に、
古い墨と新しくすった墨が入り混じった、
発色の良くない墨ができあがります。

それを、せっかく昨日綺麗に洗った筆につけて
絵や書を描くことになるのです。

残念な感じ、伝わりますよね。

なので、その都度、良い墨がすれるように、
毎回洗わなければならないのです。

硯の洗い方

洗う場所について

まず洗う場所ですが、
筆を洗うのと同じで室内であれば、
ステンレスのシンクで行いましょう。

白い洗面台でやると墨がこびりついて、
今度はそれを落とすのが大変です。

*筆の洗い方についてはこちら

水洗いをする

硯に水をかけながら、
柔らかいスポンジでなぞるように洗います。

硬いスポンジや歯ブラシなどの硬いものは、
鋒鋩を傷つける恐れがあるので避けてください。

洗って水を切ったら、自然乾燥させておきます。

環境によって水洗いができない場合は、
失敗した紙などで墨を拭き取っておきましょう。

硯の面に少しでも
墨が残らないようにすることが大切です。

墨がこびりついてしまったら?

洗うのを忘れて墨がこびりついた場合は、
ぬるま湯か水に浸してから洗いましょう。

熱湯は、石を割る可能性があるので、
使わないようにしてください。

いずれにせよ、固まった墨を落とすのは
ひと苦労です。
毎日、まめに洗うことが一番です。

研ぎ石で研ぐ

鋒鋩は、使っているうちに
摩擦で劣化していきます。

墨のすり具合が変わってきたら、
専用の研ぎ石で研ぎ、
鋒鋩を再生させます。

硯の丘に水をひいて研ぎ石で研ぎ、
流水で流すだけです。

これを行うことによって、
硯は半永久的に使っていけます。

研ぎすぎも良くないので、
水ペーパーなどのやすりは使わないこと。
鋒鋩を丸めてしまっては意味がありませんので。

専用のものを使うのが一番です。

まとめ

今回話したのは、

  • 硯の名称について
  • 硯の手入れについて
  • 硯の洗い方
  • 硯の研ぎ方

です。

硯は手入れを欠かさなければ、
墨がこびりつくこともありません。
かく言う私も面倒くさがって、
硯に墨をこびりつかせたことがあります。

変なたとえですけど、
料理にしても、先日のカレーが
こびりついたオタマで作ったものは
出されたくないですよね。
洗濯し忘れて、洗い物籠から靴下を拾って、
それをまた履くのは嫌ですよね。

墨の世界でも
道具の手入れをしないということは、
それと同じようなものです。

絵に込めた心がしっかり伝わるためにも、
筆も硯も綺麗に使って、
気持ちよく絵を描いていきましょうね。

それを届ける人のためにも。