残酷な絹の衣。蚕(かいこ)の一生とは?〜七十二候・蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

蚕の一生は、人の手の中で始まり、人の手の中で終わります。彼らは美しい絹を生み出すためだけに養われているのです。 こんにちは。水墨画アーティストの八束徹です。 5月21日から5月25日頃の七十二候は、小満初候 蚕起食桑(か … 続きを読む 残酷な絹の衣。蚕(かいこ)の一生とは?〜七十二候・蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)