薄氷の下で春を待つものは?〜七十二候・魚上氷(うおこおりをいずる)

冬の間、川や沢に張る薄い氷。 やがて春の始まりとともに吹いた東風(こち・はるかぜ)が、その薄氷を溶かし始めると、川底の魚達が水面に顔を出し始めます。 こんにちは。水墨画アーティストの八束徹です。 2月12日から2月17日 … 続きを読む 薄氷の下で春を待つものは?〜七十二候・魚上氷(うおこおりをいずる)