音のない雷、秋の稲妻。その名の由来は?〜秋分初候 雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

秋の雷は、音もなくピカッと光る
稲妻と呼ばれるものです。
それはなぜ、「稲妻」と
呼ばれるようになったのでしょうか。

その答えは稲作にあるのです。

9月23日から9月27日頃の七十二候は、
秋分初候 雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)です。

二十四節気は、秋分(しゅうぶん)に変わります。
その秋分を3つに分けたうちの 1番目(初候)です。

音のない雷、秋の稲妻。その名の由来は?〜雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

稲妻と雷の違いとは?

雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)とは、
雷が鳴り響かなくなるという意味です。

ゴロゴロと物々しい音を鳴らしながら、
黒雲から放電する雷。
秋の雷は、夏のゴロゴロピカピカとは違い、
この秋の雲からピカッと光を放ち、
地球を突き刺す稲妻です。
稲光りとも呼ばれます。

夏の雷は、雷鳴の名の通り
音を鳴らしながら夏の積乱雲から
大雨を引き連れて大地を殴りつけます。  

稲妻は雲の中で音をかき消しながら放電し、
地面を突き刺す光の槍です。

季語もそれぞれ違っていて、
雷は
稲妻はの季語になります。
 
その光の槍が稲妻と名付けられたのは、
それが稲の実る時期に
頻繁に起きていた
からです。
稲の実りと寄り添っているという意味で、
稲のつま(夫・妻=昔は配偶者のこと
を両方つまと呼んでいました)
と例えられたというわけです。

そういった流れから、

雷の多い年は豊作になる

と信じられていました。 
当時の農夫達は、稲妻を見ると
とても喜んでいたそうです。

雷は神様の仕業?雷=神鳴り

古来、雷は神鳴り(かみなり)
という意味を持ち、
天の神様の仕業とされていました。 

風神雷神の存在も、
それを証明しています。
たとえば、国宝にもなっている
俵屋宗達の「風神雷神図屏風」。

風神と雷神が向かいあう、
圧巻の大作ですが、

その中で、風神は風袋から
風雨を生み出し、
雷神は、太鼓を激しく叩き
雷を起こしています。

この絵からも、
雷は神の起こすものと
信じられていたことが、
よくわかりますよね。

稲妻が光れば豊作だと、
農夫の期待に、
神は応えたか、応えなかったか。

巡る季節にその姿を閉ざし、
神が天に戻るなか、
下界では稲刈りが始まっています。

秋のお彼岸との関係〜二十四節気・秋分

秋分初日は秋分の日として、
国民の祝日となっています。
その日を中心に、前後3日の7日間が、
秋のお彼岸です。 
ちなみに春のお彼岸は、
春分の日が中心になっています。
春分の日も祝日ですね。

この秋分の日は、春分の日と同じく、
昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。

ざっくり流れを説明すると、

1.春分→昼と夜の長さが同じくらい
その後、昼の長さが伸びていく
2.夏至→一年で一番昼が長くなる
その後、昼の長さが短くなっていく
3.秋分→また昼と夜の長さが同じくらいになる
その後、夜の長さが伸びていく
4.冬至→一年で一番夜が長くなる
その後、昼の長さが伸びていく
1の春分に戻る

「暑さ寒さも彼岸まで」
という言葉を借りると、

寒さがおさまるのは春のお彼岸。
(夜の長さが昼と同じになるから)
暑さがおさまるのは秋のお彼岸。
昼の長さが夜と同じになるから)
ということですね。

という感じで、一年の日の長さは
これの繰り返しなのです。

さては暑さも彼岸で収まり、
野には彼岸花が
咲き誇るようになりました。

彼岸参りに吹く秋の風は、
私達を少しばかり、
感傷的にさせます。

まとめ

今回話したのは、

  • 七十二候・雷乃収声
  • 二十四節気・秋分

についてでした。

次の七十二候は、
秋分次候 蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)です。

冬越しの準備を始める虫達。虫も冬眠するの?七十二候・蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)