水墨画で金魚を描く〜和風な金魚イラストの描き方

金魚は日本の夏の風物詩。
せっかくなら、
和風に描きたいところです。

描けるようになれば、
暑中見舞いや
残暑見舞いにも使えます。
自分で描いたものならば、
余計に気持ちがこもります。
送り先ではきっと
喜んでもらえますよ。

今回は、割と簡単に
手数が少なくかける、
俯瞰(上から見た)での描き方について
説明していきます。

目で涼しむ〜金魚の描き方

金魚について

金魚は、中国生まれの観賞魚。
フナの突然変異のヒブナを
品種改良したものです。
ヒブナは緋鮒(=緋色の鮒)と書く通り、
黒の色素を持たずに生まれた、
赤色系のフナのことです。

それを品種改良したのが金魚。
品種改良ですから、
当然種類も増えていきます。

基本の三種

和金(わきん)は、本来のフナの形に近く
琉金(りゅうきん)は、尾が長いもの、
出目金(でめきん)は、目が飛び出している
金魚ですね。

この和金、琉金、出目金を経て、
明治、昭和の時代にはさらに
新しい改良種が誕生しています。

金魚は夏の暑さを、
視覚で和らげてくれるもの。

祭りの金魚すくいに見られる金魚は、
ほとんどが和金ですが、
今回は琉金系の
尾びれの大きな金魚を描いていきます。

金魚の描き方〜俯瞰で描く

中墨を含んだ筆の先端を
ティッシュなどにつけて、
先端の墨を吸い取ります。
そしてその先端に濃墨をつけて
馴染ませます。

①筆を寝かせて、頭の部分、
体の部分を意識しながら、
「面」で描いていきます。

②尾びれを描いていきます。
下の二匹が桜尾、上の一匹が四つ尾です。

両隅を作る容量で、
両側ではなく片側に濃墨をつけます。

左側の尾の場合は左側、
右側の尾の場合は、右側へ。
中墨と濃墨のグラデーションが
味わいを深めてくれます。

③上から見た状態を書いているので、
他のひれは、横に広がる胸びれのみ描きます。

ここまでは全て筆を寝かせて描いています。

④ここからは筆を立てて、
線と点で描いていきます。
一旦筆を洗い水分をとってから、
濃墨で目、口を描き、
輪郭を取っていきます。
輪郭はあまりしっかりと
線を引き過ぎないようにしましょう。
線はあくまでも「補佐役」です。
しっかり描くと
「先に線を引いてから
内側に墨で色を塗った」
絵になってしまいます。

⑤中墨をつけた筆先を割って、

水面の波紋を描いていきます。
もっと水分を減らして
乾筆で描いても構いませんが、
にじみを強くすることで、
「涼しげな水」を強調できます。

⑥そして落款を入れて完成です。

背びれを描き忘れたので、加筆。

これで完成です。

まとめ

今回話したのは、
俯瞰での金魚の描き方についてでした。

「面で描く」「線で描く」や、
濃墨・中墨、乾筆など、
テクニック的なことを含め、
水墨画についての知識は、
以下の記事をご参考ください。

あなたに楽しい水墨画ライフが
訪れますように。