蛍の光、窓の雪。卒業シーズンになぜ蛍の光?〜七十二候・腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

蛍の光、窓の雪。
卒業シーズンになぜ蛍?と
疑問に思ったこともあるかもしれません。
これは次の歌詞に続く
「文読む月日も重ねつつ」にある通り、
月日を重ねているということです。

蛍の光は夏、
窓も雪は冬ということです。
別れの季節にその月日を
思い出している歌なのです。

今回の七十二候は、
そんな蛍の誕生についてのものです。

6月11日から6月15日頃の七十二候は、
芒種次候 腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)です。

二十四節気では、芒種(ぼうしゅ)。
その芒種を3つに分けたうちの2番目(次候)です。

この記事では、その腐草為蛍、
雑節・入梅、
について話していきます。

蛍の光、窓の雪。卒業式になぜ蛍の光?〜腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)

腐った草から蛍が生まれる?

腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)とは、
腐った草が蒸れ蛍になるという意味です。

その意味の通り、昔の人は、
梅雨に打たれ腐った葉っぱや根っこ
(水のやり過ぎで根腐れしたような)が、
蛍になると信じていました。

ここで語られているのは、
この時期に孵化
(ふか=卵から出てくること)する
ゲンジボタルヘイケボタル
日本人に馴染みのある蛍です。

もちろん、蛍が葉っぱから
生まれることはありません。
ゲンジボタルの幼虫は、
一年がかりで育ち、
春になると川辺の土に潜り蛹になり、
それがこの時期に
成虫になって出てきます。
ヘイケボタルはそれより
水の流れの弱い場所、
湿原や水田などで育ちます。
それを腐った根や葉っぱから
生まれてくると信じていたわけですね。

彼らは幼虫の段階ですでに
発光している
ので、
それも原因かもしれません。

夏の水辺の風物詩

ともに夜行性の彼らは、
夏の夜の涼しい川辺を、
恋人を求めて光りながら飛び回ります。
まさに自然のイルミネーションです。
けれど作り上げられた派手さのない、 
最低限の演出による
優しく静かな光の装飾を施します。

その光に人は魅了され、
遠い昔から親しまれ続けている
日本の夏の風物詩となるのです。

そんな光のダンスが見れるのは、
これから夏のうちだけ。

なんだかんだと忙しいし、
暑いと外に出たくないのは
今のうちから想像できますが、
なんとかその気持ちを押しのけて、
一度だけでも、川辺へ夕涼みに
出かける計画を立ててみるのもいいものです。

繰り返す夏をまたひとつ、
心に残すために。

雑節

入梅(にゅうばい)

入梅とは梅雨入りのこと。
気候によってはすでに梅雨に入っていますが、
だいたいこの時期に入梅となります。

長くふり続ける雨に、
気が滅入ることもありますね。
しかし、窓の向こうに見える
雨模様と灰色の空も、
眺めるのにそれほど
悪いものではありません。

降り続ける雨も、季節の情緒を
私達に与えて
くれています。

外へ出れば、カラフルに街を彩る
いくつもの傘、
そして雨つゆに濡れた紫陽花の花が、
咲き誇っています。

ちなみに梅雨はアジア特有のもので、
それ以外の国には梅雨はありません。
ただ、雨季があるだけです。

梅雨という言葉ですが、
ちょうど梅の実がなる時期のため
そうつけられたといわれていて、
次の七十二候・梅子黄にも繋がっていきます。

梅雨は暑い夏が始まる前の準備期間です。
じめじめした梅雨特有の暑さを
どうにか凌ぎながら、
カラッと晴れた空を待ちましょうね。

まとめ

今回話したのは、

  • 七十二候・腐草為蛍
  • 雑節・入梅

についてでした。

次の七十二候は、
芒種末候 梅子黄(うめのみきばむ)です。