かえるのうたが聞こえる夜。なぜカエルは鳴き続けるのか〜七十二候・蛙始鳴(かわずはじめてなく)

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

都会では馴染みがありませんが、
田舎では夜になると
カエルの大合唱が始まります。
カエルはなぜあんなにも
鳴き続けるのでしょう。
空を見上げたら、もしかしたら
その理由がわかるかもしれません。

5月5日から5月9日頃の七十二候は、
立夏初候 蛙始鳴(かわずはじめてなく)です。
二十四節気は、立夏(りっか)に変わります。
その立夏を3つに分けたうちの1番目(初候)です。

この記事では、その蛙始鳴、
二十四節気・立夏、
五節句・端午の節句、

について話していきます。

カエルの歌が聞こえる夜。なぜ蛙は鳴き続けるのか〜蛙始鳴(かわずはじめてなく)

蛙始鳴(かわずはじめてなく)とは、
蛙が鳴き始めるという意味です。

米農家では、田んぼに水を張り、
水田への田植えが始まる時期。
冬眠から目覚め、土から出てきた蛙が、
その水田やため池などの、
水の流れのない水辺に卵を産むのです。

暑くも寒くもないこの立夏の時期。
広がる田園に、
縄張り争いや、オスからメスへのアピールで、
蛙は鳴き、合唱を生み出します。
私が子供の頃、ひとり布団にもぐりこむと、
決まってそれが、静まり返った田舎の夜に
響き渡っていました。
故郷を離れた今も蛙の鳴き声を聞くと、
そんな夜のことを思い出します。 

それからアマガエルは雨の気配に敏感で、
低気圧が近づいたり、雨になった時にも
一斉に鳴き出します。
これはシャワーコールといって
アマガエルがアマガエルと呼ばれる由縁
でもあります。

あの日、夕暮れの散歩のひとときや、
田んぼのあぜ道や星を見に外へ出る夜。
梅雨入りの物憂げな午後。

これから夏にかけてその美しい歌声が、
今でも自然の中に響き渡ることでしょう。

そんな夏の風物詩が始まる前の
最初の鳴き声が、
蛙始鳴(かわずはじめてなく)
というわけです。

あなたには聞こえましたか?
今でも聞こえますか?

暦の上では夏到来〜二十四節気・立夏

ここから暦上では夏になります。

感覚的には梅雨が明けるまでは、
春って感じですけどね。
時期的には初夏になります。

この時期からちょうど田植えが始まります。
遅霜をやり過ごし、
それまで大切に育ててきた苗を、
水をひいた田んぼに植えるのです。
田植えは今でこそ苗の成長が早くなり、
この時期から始められるように
なりましたが、
昔は梅雨入りと同じくらいの時期に
行っていました。
田植え機などなく、腰を曲げて
苗を一つ一つ植えていた時代の話です。

農夫達は一息つきながらこの立夏を
彩り咲く花たちを想います。

藤、芍薬、ヤマボウシなど。

そして水辺に生えるショウブ。
(菖蒲の花とは別物)。

このショウブが、五節句・端午の節句に
繋がっていく
のです。

まとめ

今回話したのは、

  • 七十二候・蛙始鳴(かわずはじめてなく)
  • 二十四節気・立夏(りっか)

についてでした。

次の七十二候は、立夏次候 蚯蚓出(みみずいづる)です。