葭(葦)の読み方は二つある?その理由について〜七十二候・葭始生(あしはじめてしょうず)

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

葭(葦)と書いて、アシ。
葭(葦)と書いて、ヨシ。
馴染みのある読み方はどちらでしょうか。
川辺や湿原に無造作に伸びるそれに、
なぜ二つの呼び方があるのか。

4月20日から4月24日頃の七十二候は、
穀雨初候 葭始生(あしはじめてしょうず)です。

二十四節気は、穀雨(こくう)に変わります。
その穀雨を3つに分けたうちの1番目(初候)です。

この記事では、その葭始生、
二十四節気・穀雨、
について話していきます。

葭(葦)の読み方は二つある?〜葭始生(あしはじめてしょうず)

日本の原風景〜葭の原

葭始生(あしはじめてしょうず)とは、
葭(アシ)が芽を吹き始めるという意味です。

葭とは(葦、蘆とも書く)、
沼や川辺などの水辺に群がって生えている
背の高い植物のことです。
稲と同じイネ科の植物です。

大昔の日本の湿地帯には、
葦原(アシハラ)と言われるほど
葭がたくさん生えていました。

古事記や日本書紀などの神話の中で、
日本のことを、豊葦原瑞穂の国
(とよあしはらのみずほのくに)
と自称していたくらいですから、
葭が豊かに群生する景色は
当時の人達にとって、
祖国の原風景だったのかもしれませんね。
なんとなく日本昔話を思い出します。

アシの幹は木化するほど丈夫で、
(本当に木や枝みたいにはならないんですが)
稲刈りが終われば葦狩りをするというくらい
人の暮らしに必要とされて、
いろんなものに使われてきました。

今でも、藁葺き(わらぶき)屋根や、
(茅葺き(かやぶき)屋根はススキを使用)、
すだれ、薬、紙などに使われています。

言霊信仰が呼び方を変えた「アシ」

さて、もしかしたら初めから、
アシという呼び方が
気になっていたかもしれませんが、
その通り、アシは現代では、
ヨシと呼ばれています。
アシは古い呼び方です。 

なぜ呼び方が変わったかというと、
アシは、悪し(あし)を連想させるからです。
だから、ヨシ(良し)に変えたわけです。

こういう考え方を、
言霊信仰(ことだましんこう)といい、
平安時代に起こったものといわれています。 
スル(する)メをアタリ(当たり)メと言ったり、
受験の際にすべるこける落ちるなどが
禁句だったりとか、
そういったことです。
言霊信仰は私達の暮らしに
しっかり根付いていますね。

今なら「考えすぎ」
と片付けられてしまうかもしれませんが、
信心深く神仏に祈って暮らしていた時代
ならではの発想なのでしょうね。

七十二候ではそれ自体の歴史が古いため、
今でもアシの呼び方が使われています。
ヨシと言い換えた説明もあるようですが、
ここでは始まりにあわせて、
アシと言っています。

あ、大丈夫、何も悪いことは起こりません

葭は稲と同時期に春に生まれ、
稲とともに秋に刈られて、
稲と同様に人の暮らしを助け
今もともに寄り添い続けています。

二十四節気〜穀雨について

穀雨はこれからの田作に向けて降る
恵みの雨のことです。
この雨が田畑を潤して、
農作物が育つのを手伝ってくれます。

穀物を育てる雨なので、
穀雨というわけですね。  

穀物というと、米、そば、とうもろこし、
小麦、大麦などがありますね。

そば粉はそば、
小麦粉はパンやうどん、
ラーメンの麺などになります。
お米は食べる用ばかりではなく、
日本酒に加工するものもあります。
大麦はビールになります。

このように、穀物は、
馴染みの深い食べ物に繋がっています。

穀雨に感謝ですね。

そして末候には、立春から数えて
八十八日目の、八十八夜を迎えます。
「夏も近付く八十八夜〜」
こんな歌がありますね。

穀雨が終わると、
七十二候はいよいよ、夏に突入します。

まとめ

今回話したのは、

  • 七十二候・葭始生
  • 二十四節気・穀雨

についてでした。

次の七十二候は、
穀雨次候 霜止出苗(しもやんでなえいづる)です。