春の下に虫が並んで『蠢く(うごめく)』〜七十二候・蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

「春」の下に虫が2つ並んで
蠢くと書きます。
蠢くとは虫がむくむくと
絶えず動いているという意味。
春の訪れとともに
冬眠から覚めた虫たちが
地上へ這い出してきます。

3月5日から3月9日頃の七十二候は、
啓蟄初候 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)です。
二十四節気は啓蟄(けいちつ)に変わります。
その啓蟄を3つに分けたうちの1番目(初候)です。

この記事では、その蟄虫啓戸、
二十四節気の啓蟄、

について話していきます。

春の下に虫が並んで「蠢く(うごめく)」〜蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

春に虫が並んで「蠢く」

蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)とは、
冬籠りの虫が出て来るという意味です。

蠢く(うごめく)」という字は、
春の下に虫が並んでできています。
春風吹けば、新緑はそよぎ、
春雷に地面の虫達が驚き目を覚ます。
春の雨を吸い込んで
柔らかくなった土から新芽が伸びる頃、
冬眠していた虫たちも、
みな春の気配に心を踊らせ、
一斉に外へ出てきます。

虫だけではなく、蛇やカエルなども
土の下から顔を出し始める時季です。

人もまた、春の匂いに蠢き始める

そして、そんな虫達を捕食する
スズメのさえずりが、
のどかさをまとって
聞こえてくるようになります。
こうして春を感じさせられるほどに、
わくわくした気持ちが
生まれてきますよね。
暖かくなってくると、心が躍るのも、
せわしなく動き出すのも、
虫だけではないですからね。

春に浮き足立つ人の心も同じ。

毎年毎年同じ繰り返しなのに、
毎年毎年嬉しい。

そんな気持ちを受け入れて、
この季節の移り変わりに
目を向けるだけでも、
何か楽しいことがひとつ、ふたつ、
見つかるかもしれません。

そして秋になってその虫達が戸を塞ぐと、
七十二候・蟄虫坏戸になります。

春らしい情景が続く〜二十四節気・啓蟄

は開く、は冬眠している虫のこと。

啓蟄は、暖かくなった大地から、
冬眠していた虫達が這い出てくる
という意味です 。
蟄虫啓戸と同じですね。
蟄虫啓戸には、
啓蟄の文字が入ってますしね。

啓蟄の間に、七十二候では、
このあと桃が咲いたり、
モンシロチョウが飛んだり、
春らしい情景が続きます。

ちなみに、土手とかを歩いていると
頭の上にやってくる虫の大群
あれはユスリカといって
雄の求愛活動であり、
生まれて3日くらいで死んでしまう、
儚い命を持って生まれてくる虫です。
ちなみに私は、頭虫と呼んでいました。

あれが人の頭上に来るのは、
その人の頭が臭いからとかではなくて
単にその周辺で一番背の高いものの上に
集まるという習性によるものなので、
ご心配なく。

そんな土手の夕焼けを浴びながらの帰り道。

啓蟄が終わりに近づくと、
ナズナが風に揺れて、
春の彼岸が始まります。

まとめ

今回話したのは、

  • 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)
  • 二十四節気〜啓蟄

についてでした。

次の七十二候は、
啓蟄次候 桃始笑(ももはじめてさく)です。