水墨画初心者向け〜絵の幅を広げる5つの技

こんにちは。
水墨画アーティストの八束徹です。

これから紹介する
5つのテクニックを使うことで、
その絵は表現の幅、深みを広げて
たくさんの違った表情を
見せてくれるようになります。

ただ墨で描いていただけの絵を
「水墨画」にしてくれる大切な技法です。

この記事では、
面で描くのと線で描くのの違い、
それらを使った技法、
色々とある技名について話していきます。

面で描くということ。線で描くということ。

水墨画は、輪郭を描いていくか、
面全体で描いていくか。
その両方を使います。

穂先で描くか、
寝かせて筆全体で描くか。

筆の先で書けば細くなり、
少し寝かせれば少し太くなり、
全体を寝かせて描けば、
線ではなく、面になります。
まあ、全部寝かせて描いても
絵の大きさや表現方法により
輪郭は取れますけどね。

とりあえずここでは、水墨画は
その両方を使って描くものだと
覚えてもらえたら充分です。

水墨画を彩る5つのテクニック

①冴え(潤筆)

筆に充分に墨を含ませて、
冴えのある鮮やかな面や線を描きます。

②かすれ(渇筆)

筆に含む墨の量を減らし、かすれを出します。
墨の量や描き方によって様々な変化を楽しめます。

③にじみ

乾くと墨色が薄くなります。

和紙に水を張り、その上に墨をにじませます。
すぐに筆を動かさずに、
墨がにじむ様子を見ながら描いていきます。

きれいな水を張るだけでなく、
薄墨で描いたものが乾く前に、
その上に濃墨を滲ませて描く方法もあります。

破墨法と呼ばれる技法ですね。

ただ、そもそも水墨画は
墨がにじむ紙に描くものですから、
水を張る張らない以前に、
筆に含んだ墨の量や筆圧などを
考えながら描いていくことになります。

ちなみにこの絵には冴えもかすれもあります。

④ぼかし

乾くと墨色が薄くなります。

和紙に水を張り、にじみとは逆に、
軽く筆を払いながら墨を広げていき、
遠くにぼやけて見えるような絵を描きます。

遠景に使いがちな技法ですが、
必ずしもそれだけに使う技法
というわけではありません。

⑤たらしこみ

薄墨で描いたところへ、
その薄墨が乾く前に濃墨を「たらしこみ」ます。

にじみと似ていますが、こちらの場合は、
墨を「たらして」這う濃墨の効果を利用する
といった感じです。
「たらすようにして」というか。

水を吸いにくい紙
(鳥の子紙、にじみ止めされたものなど)
を使う場合が多いです。

道具(筆)ももちろん使いますが、
紙のしわに沿って勝手に流れたり、
自分で紙を動かしてみたり、
そうやってできる模様を
そのまま活かしたりもします。 

技名について

歴史が長いせいか、水墨画は
同じ技名でもそれぞれ解釈が違っていて
どれが正解かわからなかったりします。

なのでしっかり技の名前に紐付けて
覚えるというより、
この描き方では墨がどんな動きをして、
絵にどんな効果をもたらすのか。
それを学び、作画に応用していくことのほうを
優先してください。

まとめ

今回話したのは、

  • 筆の面で描くのと線で描くのの違いについて
  • 5つの技法
  • 技名について

です。

これらの技はすべて、
描き手の思い通りにはなりません。
水墨画は、
その墨や筆に対して、

こういう絵を描きたいからこう動け
こう動かしてやる

とコントロールするものではありません。

目的は墨を支配することでは決してありません。
自然の流れを活かし、
自由な柔らかい心で、
自分なりの解釈を見つけていきましょう。