あなたの絵はオリジナル?それともパクリ?

その絵って、○○のパクリじゃん

心を込めて描いた絵に対して、
こんなことを言われたらショックですよね。

パクリって、芸術系に携わっていると、
無視できない言葉です。

自分のオリジナルはなんだろう。
自分にはオリジナリティがない。

これも芸術家にはつきまとう悩みのひとつです。


そもそもパクリとかオリジナルって
いったいなんなのでしょうか。

今回の記事では、
パクリとは何なのか、
なんでも真似から始まるということ、
自分のオリジナルを否定してしまうこと、
オリジナリティは成長し続ける

ということについて話していきます。

パクリとはどういうことをいうのか

パクリとは、
人の個性を自分のもののように言うことです。

誰もが持っている自分の個性よりも
人の真似を優先することで注目を集めて、
オリジナルよりも目立って人気を得ているとか、
金を得る算段にしか見えないとか、
それに対して周囲に
不快な気持ちを持たれてしまうとか。

まあそんな感じですかね。
長々と語るほどでもない話です。


それよりも問題なのは
そのことを気にして、

学ぶ=真似をする

というごく自然なことを、
悪いことだと思い込んでしまうことです。

なんでも最初は真似から始まる

学びは真似をすることから始まります。

考えてみてください。
真似する以外、学ぶ方法ってあるでしょうか?
あるとしたら、あなたがこの世で一番最初に
絵を描いた人間になるしかありません。

無理ですよね。
これは絵に限らず、なんでもそうです。

自分は真似しかできない。
オリジナリティがない。

こう悩んでいる人は多いですが、
最初はみんな真似から始まるのです。
人間は何かしらの影響を受けて、
さらに学んで育っていくものなので、
似ることはごく自然なことです。

そもそも完全に真似することなんて
本当はできなくて、
そうなるにはその相手と同じ人生を
歩まないと無理です。

今までの影響、学んできたことが、
オリジナルになっていくからです。

なので、自分が感動したもの、
憧れたものをたくさん真似をしていくのは、
間違いなどではないのです。
どんどん学び、吸収していくべきです。

そして、そうすればそうしたで、
今度は違う問題が出てきます。

これが一番やっかいです。

自分のオリジナリティを自分で否定している

違う問題とは、
「頑張っても頑張っても、
完全に真似はできない」

ということに悩んでしまうことです。

それがオリジナルに繋がっていくのに、
あの人みたいに描けない=才能がない
という新たな悩みが生まれてくるのです。

この時点でもうすでにねじれて、
ややこしくなっている状態です。

たとえば習いに行った先で先生の絵を見て、
感動し、
すごい!かっこいい!自分も描きたい!
と憧れて、
それと全く同じものを描こうとしても
永遠にその願いはかないません。

技術が足りないとか
そういうことではなくて、
それぞれ影響を受けてきたものが違うのだから、
同じにならなくて当たり前なのです。
それは別に残念なことでもなんでもありません。

漫画でシンプルに例えると
少年漫画の絵に影響を受けた人と、
少女漫画の絵に影響を受けた人が、
それ以外の絵柄に影響を受けてきた
その先生の絵を、
完璧にコピーすることは
できないということです。

影響はごまかせないのです。
そして実際にはその影響は
ひとつだけではないはずです。
漫画だけではなく、
テレビ、雑誌、看板、電車の吊り広告など、
ふいに目に飛び込んできて、
心に残った絵、絵柄がありますよね。
そういった影響が混じりあって、
その人個人の、あなたならあなただけの
個性が作られてきているのです。

逆に言うと、オリジナリティのない絵描き、
さらに言うならオリジナルでない人間なんて
この世にはいないということです。

要するに、憧れの強さに負けて、
無駄に自信をなくして、
自分を押さえ込んで、
その個性を隠そうとしては
ダメだということです。


心当たりはありませんか?
私はおおいにあります。
こじれているって言った意味がわかりますよね。
私もこじれていましたから。

あなたはあなたにしかなれません。
私も私でしかなく、
それは描く絵も同じです。

自分の中にあるものを否定してはいけません。

成長していくオリジナリティ

私も憧れた絵にならなくて、
下手くそだなあと悩んだことがあります。

そして、誰かと全く同じ絵では、
それこそ、ただのパクリじゃないか
という考え方にたどり着きました。

技術や経験が足りなくてうまく描けないのは
また別の話ですから、
それついての反省や努力は
していかなくてはなりません。

ただ、自分の個性を探すのと、
それとは別ものだということです。

今でも良いもの好きなものに出会えば、
私の中に新たな影響として
取り込まれていきます。

これに終わりはないと思っています。

オリジナルというものも、
技術と同じように、
常に成長していくものなのかもしれません。

まとめ

今回話したのは、

  • パクリとはそもそもなんなのか
  • なんでも真似から始まる
  • 自分の個性を否定してしまう罠
  • オリジナリティは成長していく

です。

どんどん真似して吸収して、
自分の中で噛み砕いて、
あなただけのオリジナルを作っていきましょう。