水墨画初心者向け〜墨についての予備知識・選び方

墨は原料によって変わります。

おおまかには3つだけなので、
そんなに難しくはありません。

とはいえ、知識無しに適当に買うのは損ですからね。

この記事では、
墨の種類、製造過程、金額、
新墨と古墨、そして選び方までを
話していきます。

墨の種類

油煙墨(ゆえんぼく)

主に植物油(菜種油が最適とされる)を燃やしてできる
煤(すす)から作られます。
原料が菜種油なら茶系の黒、椿油なら紫系の黒と、
使う油によって変わってきます。
イメージとしては、光沢が出る分、強く存在感のある黒です。

松煙墨(しょうえんぼく)

松の木片を燃やしてできる煤から作られます。
最初は茶系ですが、
古くなると青っぽい黒色を出すようになります。
イメージとしては、光沢があまり出ないので、
優しくもの静かな黒です。

洋煙墨(ようえんぼく)

石油石炭などの煤に、カーボンブラックや
コールタールなどを加えて作られている墨です。
安く流通している墨はほとんどがこれです。
上記2つと比べて品質は落ちます。

油煙墨や松煙墨ができるまで

材料を燃やして煤を作り、
湯煎した膠(にかわ)を混ぜ合わせます。
膠とは動物の皮や骨からとられるもので、
ゼラチンの工業製品用的なものです。
 
それに香料を加えて練り込んでいきます。
香料は、梅花(ばいか)、麝香(じゃこう)、龍脳(りゅうのう)など。

香料を加えるのはなぜかというと、
独特な膠の匂いを消すためです。

「墨をすり、心を落ちつかせる」

というのは、この香料の効果によるものです。
ようするに、墨の匂いというのはその香料の匂いなんですね。

そして、型を取り二か月以上しっかりと乾燥させ、
乾いた音がするようになれば、品名などを入れて完成です。

良い墨はこうして職人さんが手間暇をかけて、作っています。

墨の値段について

まず、墨はほとんどが手作業によって作られているので、
職人さんのレベルによる人件費の違いが生まれます。
熟年の職人さんと新人さんでは人件費も違って当然ですよね。

それから、煤を作るための油や松も種類がありますから、
貴重なものは高くなり、
そうでなければ安くなっていきます。

そういった理由から、値段が変わってきます。

膠が枯れる〜新墨(しんぼく)と古墨(こぼく)

できたばかりの墨と何年もたった後の墨では、
品質が変わります。

墨を作る時に必要な膠の量では、膠が強いため、
できたばかりの新しい墨はその分描いた時に粘りがあります。

この膠は時間が経つと成分が弱くなります。
これを「膠が枯れる」というのですが、
そうなるとバランスが取れて、
描いた時の墨の広がりが良くなります。

淡墨作品(薄い墨や水を使ったにじみ、ぼかしを多用する)
を描く際にはぜひ古墨を使いたいところです。
とはいえ当然、古墨になれば値段も上がりますので、
どちらにしろ、本気の作品を描き上げたい時になってから
用意すればいいことです。

それか、買ってから2〜3年寝かせておくとか。
私なら使いたくなっちゃいますけどね。

墨の選び方

初めは、油煙墨、松煙墨をそれぞれ一つずつ、
手頃な値段の小さいものを購入して、
その違いを理解して、、、、

と言いたいところですが、初めのうちは
発色の違いとか言われてもよくわからないです。

まずは安い洋煙墨からいいですし、
特色を考えて松煙墨にしてみようかなあでもいいです。

そのうち、作品によって使う墨を決めたり変えたり、
自分は油煙墨がいいとそれをメインに使うようになったり、
自分に合うやり方を見つけていけばいいのです。

ちなみに私が今毎日使って小さくなった墨は、
書道家だった祖父が生前に購入した松煙墨です。

あなたが墨の世界にひかれたとしたら、
どこかで道具との縁があるはずです。

墨も品質にばかりこだわるのではなく、
そういった出会いに寄り添っていくのも、
絵を描く心を育んでくれるものです。

まとめ

今回話したのは、

  • 墨の種類
  • 墨ができるまで
  • 墨の値段について
  • 新墨と古墨
  • 墨の選び方

についてです。

良い墨とのご縁がありますように。