「水墨画や書道は和紙に描く?」〜和紙ってなに?

最初はまず、和紙って何?
画仙紙って?

って話ですよね。

今回の記事では、
和紙の簡単な歴史から種類、
選び方までを話していきます。

ちなみに私なんて水墨画を始めたばかりの頃は、
紙に和紙と洋紙があることさえも
ピンと来ていませんでしたから。

とりあえず画材屋さんで、
これでいいのかなあと迷いつつ
適当なものを買ったのが最初でした。

初めはそんなものです。

*以下の記事で和紙に描く理由を書いています。

和紙とは?簡単な歴史

和紙とは日本に昔からある紙のことです。
植物の樹皮から取る繊維を漉(す)いて作られています。

絵を描いたり字を書いたりするためだけではなく、
扇子や和傘、ちり紙、障子に襖、
または飾り物として貼り絵やちぎり絵などに使う、
色や模様がついたものもあります。
やがて油をつかい防水効果を施す技術も生まれ、
それが和傘などに繋がっていきました。

和紙はそうやって日本人の生活に当たり前のように
存在し、根差してきたものです。

それに対して、海外から入ってきた紙を洋紙といいます。
植物の樹皮の繊維からではなく、
樹木の幹の繊維から作られています。
木材パルプと呼ばれるものがそれです。

大学ノートや、雑誌、新聞、ティッシュ、
トイレットペーパーにいたるまで、現代では洋紙が
主流になっていますね。

明治時代に日本でも洋紙が製造販売されるようになり、
それにともなって、それまで日本にあった紙を、
「和紙」と呼ぶようになりました。

和紙の代表的な4つの原料(繊維)について

1.楮紙(こうぞがみ)

楮(こうぞ)が原料。クワ科の植物。
楮の樹皮の繊維を漉いて作られるもの。
繊維が長い。

2.雁皮紙(がんぴし)

雁皮(がんぴ)が原料。ジンチョウゲ科の植物。
雁皮の樹皮の繊維を漉いて作られるもの。
繊維が細く短い。
楮と混ぜて鳥の子紙が作られる。

3.三椏紙(みつまたがみ)

三椏(みつまた)が原料。雁皮同様ジンチョウゲ科の植物。
三椏の樹皮の繊維を漉いて作られるもの。
繊維は細く短い。

4.麻紙(まし、あさがみ)

麻繊維を漉いて作られるもの。
一番歴史が古い製紙方法です。
麻とは、広い意味では植物の繊維の総称で、
狭い意味では大麻草と呼ばれるアサ科の植物のことです。
初めは狭い意味のほうの麻の繊維での製紙でしたが、
繊維が強く長いため生産に手間がかかり、
その後、色々な工夫改良がなされるようになりました。

唐紙(からかみ)と画仙紙について

まず中国で作られている紙で
唐紙というものがあります。

京から紙や江戸から紙などの、襖などに使われる
「唐紙」のことではないです。

原料は竹、藁、桑。
どの原料も繊維が短いので、墨が滲みやすいです。
その中の宣紙と呼ばれるものが、
最高級の書画用の紙とされています。
青壇樹の樹皮と稲藁が原料。
この宣紙が画仙紙になったと言われています。

やがて画仙紙という名称はこの和の国において、
書画用の紙の総称となり、
日本で作られる書画用の紙も同じように
画仙紙と呼んだりするようになります。

そして中国製を本画仙、
日本製を和画仙とわけるようになります。
本画仙は、唐紙で、
和画仙は、和紙ということですね。

書画用としての和紙〜選び方

書や絵を描くための和紙があり、
絵を描く人はこれらの総称として
(絵を描く際の)和紙とまとめて呼んでいる感じです。

他には水墨画用紙、画仙紙など。
これは唐紙も含まれますね。

現在、日本では先述の材料を混ぜたり改良を重ねて、
たくさんの
「書道用紙」「水墨画用紙」「画仙紙」
が作られて販売されています。
地域に根差したもの、品名が多いです。

原料の繊維を基準にしても、
色々と混ぜ合わせて作られているので、
それだけで判断できるわけではなかったりします。

どういった感じで描くのか、
かすれや滲みが強いほうがいいのか
弱いほうがいいのか、
たらし込みを使いたいのか、
または筆の滑り具合などを確かめながら、
自分の作風を見つけ、
それに合った紙を選んでいくのも、
楽しみのひとつです。

機械で漉いたものか、
人の手で漉いたものかでも
違ってきます。

金額もいいものは高いです。
初めは安いものでいいのです。

水墨画を学んでいくうちに、筆もそうですが、
紙も自分にあったものが見つかります。
道具ってそういうものです。

高価なものがいいわけではないし、
紙を変えると墨のにじみ方も変わり、
絵も変わってきます。
腕が上がっても同じ。
そして、それがおもしろいのです。

まとめ

今回話したことは、

  • 和紙の簡単な歴史
  • 代表的な4つの繊維
  • 唐紙と画仙紙について
  • 和紙の選び方

についてです。

大切なのは、道具と寄り添うこと。
あなたと紙にも良い縁がありますように。