水墨画初心者の筆の手入れ

筆とは長い付き合いになります。

筆に限らず何でもそうですが、
愛情を持って道具を扱えない人は、
人を感動させるようなものは産み出せません。
この記事では、作業場所の選び方、
筆のおろし方・洗い方・乾かし方まで話していきます。

疲れて寝てしまったり
うっかり忘れてしまうこともあると思いますが、
できるだけ手入れを欠かさず
手間を惜しまず大切に付き合っていけば、
あなたの筆もきっと喜んでくれます。

恋人くらいに思っておきましょう。

作業場所に注意する

台所などに使われている
ステンレスのシンクで洗ってください。
白い洗面台は墨がこびりついて
普通に洗っても落ちなくなります。

墨で汚れた筆洗いの中の水を流す時も同様です。

どの作業の時も、洗面台などの白いシンクは
使わないようにしましょう。

筆のおろし方

太筆のおろし方

キャップをはずします。

新品の筆は糊で固められていますので、
それを指で揉みほぐします。
結構硬くて力が入ってしまうので、
容器に入れた水かぬるま湯につけてから
ほぐすのがいいです。

私は水に入れた状態でほぐし、
そのままゆすいで糊を流します。

容器の底でゴシゴシすると
筆を痛めるので気をつけてください。

大事なものを初めからそんなふうに扱う人とは、
すぐ別れましょう。
幸せになれません。

それからキャップはもう使いません。

小筆のおろし方

キャップをはずします。

糊で固められているのは太筆と同じです。
先端の四分の1から三分の1くらいだけをほぐし、
水で糊を流します。

糊を流すのはほぐした部分だけです。
太筆と同じように筆全体を容器の中に入れてゆすぐと、
すべてほぐれてしまうので注意してください。

これは筆の先端だけを使い、線を描くためです。 
墨を含む部分が少ないぶん線の広がりを抑えられます。

必ずそれを使えということではないのですが、
その表現に使うには便利なので 
一本用意しておくといいです。

私は筆全体をおろした小筆も用意しています。
筆の水分(墨も同様)を筆拭きで上手に取れば、
どの筆でも細い線、かすれた線は描けます。

やり方次第、使い方次第のところも
あるということです。

こちらもキャップはもう使いません。

筆の洗い方

太筆の洗い方

私は透明の容器に水またはぬるま湯を、
水圧を気にしながら流しっぱなしにして、
その中に筆を入れ、墨が洗い落ちて
容器の中の水が透明になるまでゆすいでいます。
墨が落ちて、色が変わっていくのがわかりやすいからです。

この時、注意しなければならないことは

・蛇口からの流水に筆を直接当てないこと。
・早く墨を落とそうとして容器や
シンクの底に筆を擦り付けないこと。

どちらも筆を痛めます。

根元までもみ洗う

水墨画は特に、筆を割ったり寝かせたりして描くものですので、
しっかりゆすいだつもりでも、根元に墨が固まって残ったりします。
筆が割れたり毛が抜けたりする原因になりますので、
根元までもみ洗い、少しでも墨を落とすようにしましょう。
その際、毛を強くひっぱったりしないように優しく扱ってください。

小筆の洗い方

先端だけをほぐした小筆の場合は、
水を湿らせたティッシュの上に
使った部分だけこすりつけて墨を落とします。

先端だけを水につけてから、
使用済みの和紙に同じように
こすりつけながら墨を落としてもいいです。

この場合、墨をもっと落とそう
もっと落とそうとして水をつけ過ぎて
だんだん範囲を広げて、最終的に
全部ほぐしてしまう結果を
まねかないように気をつけてください。

使用方法的に、全部綺麗に墨を落とすのが
難しいのはなんとなくわかると思います。

すべておろしている場合は、
太筆とやり方は同じです。

筆の乾かし方

太筆の乾かし方

洗い終わったら先端を下に向けて
優しくしぼるように水を抜きます。
そうしながら、筆をねじらず真っすぐ円錐形にして、
穂先が尖っている状態にします。

この時、あまり強く毛を引っ張ると、
根元からすっぽ抜けたりする原因になりますので、
優しく丁寧に行ってください。

私も一度そうやって壊してしまったことがあるのですが、
何か不吉なことでもあったかもしれないと
不安になって実家の母親に電話してしまったことが
あるくらいの衝撃を受けます。

洗い終わったら、下を向けて干します。

小筆の乾かし方

これも同じように下を向けて干しましょう。

干す道具ですが、高いものを
買わなくてもいいです。

私が使っているものは
セリアのインテリアコーナーで
買ったやつです。

かけ紐がついていない筆もあるので、
その場合はクリップで止めています。

まとめ

今回話したことは、

  • 洗う場所に気をつける
  • 筆のおろし方
  • 筆の洗い方
  • 筆の乾かし方

です。

しつこいようですが、自分の筆を、
愛情を持って扱うことが大事です。
道具に対して愛のない人が、
いくら技術を学んでもどんな高価な筆を
手に入れても意味がありません。

ポジティブだろうとネガティブだろうと、
様々な形で人は愛を持ち合わせています。

道具を大事にできない人は、絵に限らず、
どの分野でも作品を通してその想いを
人に伝えることはできないと思います。

このこだわりは、持ち続けなくてはなりません。

両親や子供や孫のために愛を込めて描き、
たった1人の人に喜んでもらうということ。
これが始まりであり、基本なのです。

そのための、最初の一歩ですから。