【初心者向け】絵の教室を選ぶための5つの大切なこと。

教室選びって、正直、
当たり外れとか気になりますよね。

私は今の教室に通って、
今の師匠に出会えたことを
心から感謝しています。

これから絵を学びたいと考えているあなたのために、
教室選びに大切なこと、選び方、ネット教室について、
そして個性を育む大切さについて、 私の経験を話していきます。

ちなみに、
自分の描きたい絵と同じジャンルかとか、
住まいから近い方がいいとか、
月謝は支払える額のところにしようとか、
色々ありますが、
当たり前のことなのでここでは省略します。

誰に習うべきか。絵の教室を選ぶための5つの大切なこと。

1.個性を認めてくれる 

個性というのは誰にでもあります。
全く個性のない人なんていないです。

「私の描く絵と違うからそれはダメだ」
「私と同じように描きなさい」

こういう先生はダメです。

どんなに遠慮がちな人でも、
本当はどこかしらで
少しでも自分を出したいはずです。

それは絵でも同じです。

絵描きは「これが自分の絵」というところを
目指していくものです。
みんな自分を主張したいはずです。
わざわざ絵を習おうと思うのであれば、尚更なはずです。

「自分と全く同じように描きなさい」

と教える先生の下にいては、
絵が生きることはないです。

その教室に授業料を払うだけの存在にしかなりません。

個性を見つけて伸ばしてくれるような
先生の下で学びましょう。

2.毎月必ず月謝を要求しない

これは無料にしてもらう
ということではないです。

諸事情で教室に行けない月もあると思います。

来れなくてもきっちり毎月もらいますよ

こういう融通が効かない教室は
お金が優先な印象を与えがちです。

さぼらずに来させる為にそうしているという
意見もあるかと思いますが、

そもそもさぼってばかりの人は
どのみち成長は見込めないですし。
それこそ授業料回収のための存在にしかなれません。

そういうところでは教わりたくないですよね。

そこでその先生を好きになったり
尊敬したりすることは難しいです。

商売っ気が強いところは
避けたほうがいいです。

3.絵や表現に対する考え方が似ている

価値観が近い、似ている

ということは、人と関わっていくために
とても大切なことです。

絵や表現に関する話をして、
そういうことじゃないよな
こうなってしまうことってあると思います。

絵を描く時には、それぞれの想いや
こだわりがあるはずですから。

もちろん、もっと話をしたり、授業を続けるなかで、
なるほど、そうか
となることもあるでしょう。

短気に決断してしまっては損ですが、
それでも違うという考えが変わらないのであれば、
続けても苦痛なだけです。

先程も言いましたが、
その先生を好きになったり尊敬したりできなければ、
教わっていても気持ちが入りません。

この先生の下でなら頑張れる。

そう思えることが何より大切です。

4.カリキュラム以外のことも快く教えてくれる

どの教室でもカリキュラムがあると思います。

次の授業ではこれを描きます。
次の授業ではあれを描きます。
といった感じに。
物凄く退屈ですが、ただひたすら
線を描くだけの授業もあるでしょう。

例えば、その授業では鳥を描くとします。

私の描いた手本を元に、授業を進めます、
となります。

余計なことはせずに、それを描きなさいと。
要するにその日はそれ以外のことは教えません、
という姿勢ですね。
学校の時間割と同じです。

私の場合、ライブペインティングが控えていたり
襖絵を頼まれたりしていた時に、
授業内容とは関係なく、
そのやり方やテクニックを教えていただきました。
なので、その日の授業で描く予定の絵は
描きませんでした。

今日やらないならもう教えない
というわけではなく、
やりたければまた次の時に改めて学べます。
なによりも、

成功させてやりたい

そういう気持ちが伝わってくる授業でした。
それだけ弟子のことを考えてくれているということです。

授業内容が遅れては意味がないかもしれませんが、
成長のスピードは人それぞれです。

そもそも学校の授業のようなカリキュラムでは、
取り残されてしまう人も出てくるはずです。
カリキュラムに沿って淡々と進めるのではなく、

個人個人に合わせて柔軟な対応をしてくれるところは、

良い教室です。

5.公募展に出す際に菓子折りを要求しない

菓子折りとは「袖の下」のことです。 先生どうかよろしくお願いしますと、
何かを包むということです。

教室に通っていれば、
いずれ公募展に出展することがあります。

教室に通うことでの一大イベントで、
それに向けて日々練習する人もいます。

基本的に公募展というのは
出品者の出展料で成り立っているので、
お金はかかります。
金額はピンキリです。

お金がもったいないなら無理に出す必要はありません。
入選すればいいですが、
落選すればそれで終わりです。

けれど、絵を描き続けて、
少しでも上達したと感じていれば、
展覧会に自分の絵が飾られることを夢見てしまうものですし、
その成果を家族や友人に見せたい
と思うのが人情です。

公募展と教室とは、密接な関係を保っています。

その教室主催の公募展もあれば、
その教室の先生が、
公募展の審査員を務めている場合もあります。

先生としても、できれば自分の生徒を入選させて
賞をとらせてやりたい
という気持ちがあると思います。
そこで問題なのが、「袖の下」です。
(まあ現金でなんて生々しいことはそうそうないでしょうけども)

これはどの世界でもあることなんですが、
これが成り立ってしまうと、
正直者が悲しい目を見る結果になってしまいます。

見渡せば世の中などそんなことばかりで
成り立っているのかもしれませんが。


どっちにしろ要求されることも、
こちらから強引に差し出すことも、
どちらも悪です。

どちらも、悪。

絵を志す人間として、
この気持ちは持ち続けるべきです。

良い教室の探し方

一番良い方法は無料体験です。

今はネットで教室も簡単に探せます。
サイトを見て色々と想像を膨らませて、
さらにその先生の作品、そして実績や評価を調べて
ここは自分に合いそうかな?とか、
習う相手と肌が合わなかったら?
お金を払うだけ無駄だと思ったら?

いろんな不安があると思います。

「いい教室ですよ」と知人に紹介してもらうこともできますが、
自分には合わないということもあるでしょうから、
初めに無料体験をさせてくれるところを探して、
通ってみることです。
たいていはどこでも、
無料体験はできると思います。

ちなみに私は二度目の無料体験で今の教室に決めました。

肌が合うと感じたからです。

それで通うことにしたとしても
しばらく通ってみて、
仮にやっぱ合わないなと思えばやめたらいいのです。

人のことはゆっくり好きになり、
ゆっくり信用していくのです。

苦痛も同じく時間の無駄です。
描いていて楽しくならないなら上達もしません。

自分に合う場所を探すのも、学びのひとつです。

インターネットの教室について

ネットで探せると言いましたが、
今はネットだけで完結する教室もあるし、
YouTubeで動画で教えてくれる人もいます。

ただ、私としては、それだけでは
足りないと思っています。

直接生で見て、肌で感じること。
その感動こそ、絵の醍醐味であり、
上達へつながっていくのです。

個性を育むことを忘れないで

良い教室を見つけて、良い師を持つことで、

師を目標に、
師と同じ道を歩み、
師に追いつき、
やがては師と同じになりたい。

そんなふうに思う人もいるかもしれません。
そう思えるだけの素晴らしい先生に
出会えたからこそだと思いますが、
それは間違いです。

重複しますが、絵は個性が大事ですから、
目指す未来は、師を真似るのではなく、
師から学んだその技術を応用して、

「自分の絵」

を描けるようになることです。

もしあなたが良い師に出会えたのならば、
そうなることを、何より喜んでくれるはずですから。

まとめ

今回お話したのは、

  • 絵の教室を選ぶために大切な5つのこと
  • 教室の探し方
  • インターネットの教室について
  • 絵は個性が大切

です。


私もまだまだ勉強中です。

これからあなたが良い師に出会い、
ともに画家生活が、
素晴らしいものになることを願っています。