【後悔しないために読んでほしい】絵を独学で習得するということ

絵を独学で習得するのは私は難しいと思います。
難しい、というかやるだけ損です。

独学というものについて、
なぜ人から教わりたくないのか、
教わりたくない理由、
教わることと独学との圧倒的な差について、

話していきます。

そもそも独学とはどういうことをいうのか

殆どの人が考えている独学とは、おそらく、

高い金を出して美大や専門学校には通わず、
師を持たず、
自分で本を買い、
自分の目だけでたくさんの絵を見て、
技法を手に入れていく

こんな感じでしょう。 

そこへ、今、成果を上げている画家が、

自分は絵を独学で習得したと
それで食べています、
あなたも大丈夫です、

こう言ったとします。

実際素晴らしい絵を描く人もいれば、
私でさえ首を傾げてしまうような画力の人もいます。

それこそ盲点で、
その人はビジネスとして成功しているだけですから。

それはそれで尊敬はしますが、
この話の本筋ではありません。
不安につけ込まれて、
それを目指してしまう罠にははまらないでください。

「教わる」を避けたいのはなぜか

例えば絵を独学で習得したいと思う人は、

誰にも習わずに、
誰にも頭を下げずに、
一円もお金を使わずに、
プロ並みの絵を描けるようになって、
お金を稼ぎ、
人の信頼を得たい。
画家として評価されたい。
誰にも習っていないんだ!凄いね!と言われたい。
才能あるねと驚かれたい。
家族や友人にその絵をあげて喜んでもらいたい。

こんな未来をきっと想像しているでしょうね。

気持ちはとてもわかります。
私も最初はそうでした。


お金も使いたくないし、
人に教わるのも苦手、
そもそも人とあまり関わりたくない
という人もいるでしょう。

私も同じです。

絵描き屋なんて、
毎日ポジティブにニコニコ笑いながら
生きてられるタイプのほうが
圧倒的に少ないのではないでしょうか。
ネガティブさが作品を作らせることも多いはずです。

だいたいポジティブポジティブ言ってる奴の絵なんて
面白くもなんともありません。

だからそれは何ひとつ間違いではないです。

ただ、それで「教わる」ということを
遠ざけてしまっては、
その想いはいつまでも表に出ないままです。
要領を得ないまま、
描くことをやめてしまうかも知れませんね。

それでは意味がありません。

自分で本を買えば、安く済みます。
図書館で借りたらタダです。
学校に通うことと比べたら、
出て行くお金の額は雲泥の差です。

なぜみんなが独学を勧めるのかというと、
その人が学校でその高い授業料に見合ったものを
得られなかったからであり、
それを伝えたいだけなのです。 

その人達が伝えようとしているのは、
学校に通わない=独学という考え方なのです。

人に教わることと、自力で模索することとの圧倒的な差

では、どうするのか。 

自分で教本を買い、
自力で技法を学び取る。
もしくは誰かの絵を見て
自力でどう描いているのかを盗み取る。

こう考えると思いますが、
その本は誰かが書いたものであり、
その絵は誰かが描いたものであり、
結局、それは全て、
誰かに教わっているということなのです。

そこには煩わしい関わり合いもないし、
自分は自力で学んでいると悦に入ることもできますが、
時間の無駄です。

どう描いているんだろうと頭を悩ませて
具材を無駄にして、
時間を無駄にするより、
初めから上手い人に習えば
その時だけで済みます。

そこでやり方を知って初めて、
それができるようになるための
無駄ではない学びの時間が始まるのです。


1300円の教本を買い、
長い時間をかけて自力で技法を見つけ出すことと、
毎月月謝を支払い、
その場で技法を学ぶことと、

どちらが有益かは一目瞭然です。

1年後、どれだけの差がつくでしょうか。

腕が上がっていけば、
自力でわかることも増えるでしょうけど、
それは知識が備わってからの話です。

私も最初は教本を見たりしていましたが、
時間がもったいないと気づき、
師の元で学ぶようになりました。

おかげで絵が劇的に変わりました。

今でも一人でやっていたら、
公募展に入選することさえなかったです。

それでも、自分は初めから自力ですぐ理解できるし、
すぐ実践することもできるというのならば、
あなたは類稀なる天才だと思いますし、
これを読む必要はないです。

本当に「独学で十分」な人なのでしょう。

誰かに習うことで個性は死ぬのか

師について学ぶと、
個性がなくなるのではないか。

こういう心配事も出てくると思います。

絵は個性が大事ですから。

誰にも似せたくない、
誰にも似たくない、

これが唯一無二の自分の絵なんだと。

そういう我の強さは必要です。
画家としてあるべき姿です。
だからこそ、習いに行くような人は、
個性のないつまらない絵描きなんだと
そんな声も聞こえてきそうですが。

実際、通っている教室では、
師の描いた絵を元に、同じものを描きます。

ここはこう描く、ここはこう描く、
その通りにやっていると
全く同じ絵ができてしまいそうですね。

けれど、描き上がった他の生徒さんの絵も私の絵も、
すべて違っています。
師のように技法を上手に使えないことによる稚拙さとは別で、
似せようと思っても似せられないのです。

個性を隠したい人はそれを未熟と受け止めて、
ひたすらに師と同じように
描くことを目指します。
正直、それがなによりも一番難しいことだと
私は思うんですが。

その、似せようとして似せられない
ということこそ、個性です。
学んだことで消えてしまうのならば、
はじめからたいした個性ではないのです。

私も、常に試行錯誤です。

潰されない個性など、
小手先であぶり出せるものではありませんから。


この絵の中のどれが自分なのか。
どれが揺るがない自分自分なのかと。

そして、見失なってはいないかと。

常に考えています。

それでも独学で習得したいのならば

初めから一人で紙に向かい、
誰に教わらずとも、

一人で瞬時に学び、
瞬時に技を身につけ、
人の意見に耳を傾ける必要もなく、
傑作を描き上げてしまうだけの

類稀なる才能が必要ということです。

それがあるならば独学で大丈夫です。

あとは、1日で得られるものを、
1年かけても一人で学びたい
というのんびりした人。

もしくは、学べなくても
仕方ないと諦められる、
初めからやる意味のない人。

教本代はかかっても、
月謝は払いたくないという人。

あなたがそういう人ならば、
無理に人に教わる必要はないですね。

まとめ

  • 独学とは何を指すのか
  • なぜ人から教わりたくないのか
  • 教わりたくない理由
  • 教わることと独学との圧倒的な差
  • 個性は死にません
  • 独学に向いている人

今回はこれらのことについて話してきました。

いろんな姿勢がありますから、
それぞれでいいんですよ。

別に趣味でいいし、
そんなにうまくならなくてもいいなら
お金を出して習う必要もありません。

余計に人に関わらずに済みます。


けれど、やるからにはちゃんと覚えたい。
うまくなりたい。

そういう気持ちがある方には、

大切な時間を無駄にしないためにも、
誰かに習うことをお勧めします。